雑学

インスタント麺はほんの少しの手間だけで進化する!

110222_BKR_00.jpg
安くてうまい、そして手軽なインスタント麺。しかしその可能性は慣れ親しんだ”安定感”だけではない。自社製品を知り尽くしたメーカーの担当者や調味料のプロフェッショナル推奨のアレンジメニューとは? 無限に広がるインスタント麺の世界をとくとご堪能あれ!



 まずは自社製品のおいしい食べ方にかけては誰よりも知り尽くしているであろうメーカーにリサーチを開始! 「カップヌードル」をはじめ馴染み深いインスタント麺を多数発売する日清食品から。

「弊社では、『NOODLE+』という会員サイトでお客さまからお気に入りの食べ方を募っているのですが、中には私たちも驚くくらいおいしいレシピもあります」と言うのは日清食品ホールディングス管理本部広報部の八木茜さん。自社製品のプロフェッショナルである社員たちを唸らした味とは?

「お勧めしたいものはたくさんありますが、個人的に一番好きなのは『さっぱりおろしうどん』。普段どおりに作った『どん兵衛』のきつねうどんに、軽く水気を切った大根おろしをのせるだけ。さっぱりしていて食べやすい一品です」

 大根おろしはたっぷりとのせるのがコツとのこと。

110222_BKR_01.jpg
【さっぱりおろしうどん】
口当たりがよく、食欲のないときでもサラサラといけそうな一品。大根はローカロリーなうえ、消化を助ける酵素を含んでいるので、食べすぎ、飲みすぎてしまった翌日などに特に向いている
【材料】「日清のどん兵衛 きつねうどん」1個、大根80g


 続いては発売開始から45周年のロングセラーを続ける「チャルメラ」の明星食品。経営管理本部の常友冬子さんに伺った。

「弊社の製品を生かしたレシピの中でも、特にお勧めしたいのが『トマト酸辣湯麺』です。通常の手順で卵を入れて作っていただいたあと、2cm角ほどに切ったトマトをのせるだけです」

 包丁を使うのが億劫という人は缶詰のトマトの水煮でも代用できそうだ。

110222_BKR_02.jpg
【トマト酸辣湯麺】
トマトの酸味と酢の酸味があわさって、一気に高級中華のような味わいに昇華する。見た目も鮮やかになり、ヘルシーになるのも嬉しい。酸っぱいものが好きな人には特にお勧め
【材料】「中華三昧 赤坂榮林 酸辣湯麺」1袋、トマト1個


「マルちゃん」で有名な東洋水産は超定番を推奨。

「商品開発という仕事柄、他社さんの新商品やさまざまな目新しいトッピングも試してみますが、やはり一番は『赤いきつね』に生卵を落とした『月見きつね』だと思います。乾燥わかめを追加してもおいしいですよ」(即席麺本部・間瀬公美子さん)

110222_BKR_04.jpg
【月見きつね】
お湯を沸かす際に卵を入れて火にかければ、麺にのせる前に火を加えられる。ある程度慣れてくると好みの固さにすることも可能。卵1つでもタイミング次第で味わいは変化する
【材料】「赤いきつね」1個、卵1つ


 でもメーカー推奨のアレンジレシピをさらにご紹介!

― インスタント麺を劇的にウマくする[奇跡の一手間]【1】 ―




おすすめ記事