デジタル

シャッターの半押しなし!向けるだけでピントが合うミラーレス一眼

【オリンパスイメージング OLYMPUS PEN E-P3】

09年末に登場したE-P2の後継となる第三世代のPEN E。シリーズで初めてストロボを内蔵したほか、画像エンジンの改良により、従来機以上の高速オートフォーカスを実現している。モニターにはタッチパネル式の3型有機ELを採用し、ユーザーインターフェイスの自由度がアップ。画像素子は4/3型Live MOSセンサーで、本体サイズと重量はW122×D34.3×H69.1mm、約321gとなる。

PEN E
◆本格派もお試し派も満足!? 第三世代のPEN Eが登場!


オリンパスの「PEN E―P3」に慣れると、沁みついたシャッターボタン半押しの習慣を忘れてしまうかもしれない――。

このE―P3は、第三世代のフラッグシップとして投入されたミラーレス一眼。多くの一眼レフが採用している位相差オートフォーカスよりもさらに速い「FAST AF」システムを導入したのが、最大の特徴の一つだ。

この新機構により、カメラを向けると常にピントを合わせる「フルタイムAF」機能を実現しているのがポイント。これにより、シャッターボタンを半押ししてピントを合わせる手順が不要になるので、思い立ったら即座に写真に残せる。モニターでアングルを確認するわずかな瞬間だけでフォーカスが合うので、実用性は非常に高い。

さらに、本体にストロボを内蔵したことで、標準レンズを装着してしまえばオールインワンで使えるようになった。撮影した写真のフィルター加工やエフェクト処理も充実しているので、コンパクトデジカメや従来のミラーレス一眼から乗り換えても、不満や違和感は覚えにくいはず。トータルで見ても穴がない。安心して半押しの習慣を忘れられるのだ。加えて、有機ELモニターのタッチ操作も試してみる価値あり。画面のガイドに従ってタッチしていけば、未踏の設定もすんなり施せる。

また、ボディ周りのオプションが充実しており、質感や外観にとことんこだわれるのもPEN Eシリーズの強みだ。特にE―P3からはグリップも着脱式となっているため、本体とバランスをとりながら、デザインにアクセントをつけることができる。マイクロフォーサーズレンズも、初登場から3年近く経ちバリエーションも十分に増えている。

ミラーレス一眼は主要メーカーから注力モデルが投入され、市場全体が盛り上がっている。そのなかでも、本格派とお試し派が一緒に満足できそうなE―P3の存在感は大きいだろう。

左手側の上部にポップアップ式のストロボを搭載。モニターをタッチしての撮影も可能だが、これまで通りダイヤルボタンやシャッターボタンも配置している



古田雄介

●サブカルライター・古田雄介の物欲刺激度 2.5/3

デジタル一眼は、いかにラクして一眼カメラが楽しめるかで機種を選ぶ

●編集担当Kの物欲刺激度 3/3

日々持ち歩くには重いので、せっかく買った一眼レフカメラも取材で持ち歩かなくなってしまったワタクシ。でも、今さらコンパクトカメラもなあと思い、ミラーレス一眼を物色している。機能もそうだが、カメラのフォルムやフルメタルボディの質感も◎。買うなら、色はシルバーにするつもり

ハッシュタグ




おすすめ記事