恋愛・結婚

Facebookで夫婦喧嘩を解消する方法

恋愛当初のドキドキ感も今は昔。既婚男性の大半は、嫁に対して「恋人」ではなく「家族」という意識を強く持っているもの。家族、母親、同居人としてしか見れなくなった「嫁」を、どうすれば「女」として好きになれるのか。オツトメではない能動的なセックスを楽しむコツとは?

◆他人が嫁を褒める装置を作り「嫁=いい女」と脳をダマす
<川田雅史さん(仮名・33歳)運送/結婚歴2年>

嫁 出会って3か月で電撃結婚した川田さん。幸せな新婚生活を夢見たが、現実は些細なことで喧嘩ばかりだという。

「帰りが遅いとか、お酒の飲み方がだらしないとか、文句ばかり言うんです。結婚記念日に友達も呼ぼうって言ったら、嫁がキレて実家に帰ったこともあります」 

 喧嘩のたびに川田さんはFacebookに「由香ちゃんが機嫌悪いなう。もうやっていく自信がないよ」などと、女々しいグチをアップ。

「おせっかいな女友達がいて、『由香ちゃんは川田さんのことを本当に好きだから、怒っているんだよ』とか説教してくるんです。『そうだよ~』とかコメントをカブせてくるヤツもいて、そういうのを見てると“やっぱり嫁はいい女なんだ”って思っちゃうんです。で、僕のほうから謝って仲直り。あとは濃厚なセックスです」

 Facebookで他人が嫁を褒める“装置”を作り、喧嘩のたびに「嫁=いい女」と脳に刷り込ませ、初々しい気持ちを取り戻す。喧嘩した後ならなおさら、セックスにのめり込めるというわけだ。

― 嫁をもう一度「好き」になる技術【7】 ―




おすすめ記事