雑学

「中国式」振り込め詐欺の手口――スネに傷を持つ人間につけ込む

中国 昨年末、中山市在住の自営業・成瀬俊児さん(仮名・35歳)は、突然、郵便局職員と称する男からこんな電話を受けた。

<あなた宛の郵便物に違法物が入っていた。規定により警察に連絡することになっているが、発送元や中身については守秘義務があるので言えない。ただし、“手数料”を指定口座に振り込めば、郵便物をこのまま廃棄する>

「電話の主は手数料として約8万円を振り込むように要求してきました。ちょうど日本から船便で日用品を送っていたので、そのなかにAVでも入っていたのか、それとも誰かが薬物を紛れこませたのか、とにかく面倒なことになったと焦りましたよ」

 実はこれ、中国で流行している振り込め詐欺の手口だ。幸い成瀬さんは中国人の友人に相談し、詐欺だと判明して無視して事なきを得た。しかし、今中国では振り込め詐欺が花盛りを迎えているのだ。北京市公安局によれば、’12年の1年で同市の振り込め詐欺被害の総額は14億円にも及んだという。また『斉魯晩報』(1月13日付)によると、人口500万人ほどの山東省済南市では、警察が把握しているだけで1か月に300件以上の振り込め詐欺が発生したという。

 広州市郊外で日本料理店を経営する松田尚さん(仮名・42歳)も、振り込め詐欺グループからの連絡を受けたという。

「電話の男は税務局職員を名乗りこう言いました。『過去5年間にわたり、あなたは税金を過少申告している。未払い分の税金を今日中に指定口座に振り込まなければ、追徴課税が発生する』、と。約140万円を要求してきた。聞いた手口だったので、無視して切ろうとすると、いきなり半額に値下がりしました(笑)」

 一方、広東省東莞市のメーカー勤務・高島功夫さん(仮名・37歳)の携帯電話には、なんと“殺し屋”からのショートメッセージが届いたという。

「『オマエを殺すように頼まれた。依頼者以上の金額を支払ってくれるならこの仕事は断る』という内容(笑)。敵の多い人なら信じてしまうかもしれないですね。ほかにも定番の『あなたの銀行カードが不正利用された』とか、身に覚えのない罰金を払え、などのメッセージがしょっちゅう来ますよ」

 詐欺の釣り文句にお国柄も見え隠れするが、「中国の振り込め詐欺の手口にはある共通点がある」と話すのは、中国在住のフリーライター・吉井透氏だ。

「日本の振り込め詐欺は、家族愛につけ込んだものが多い一方、中国では、スネに傷を持つ人間につけ込み、賄賂を要求するというものが主流。これは、多くの人々が常に法律の編み目をくぐって生きているから。社会の腐敗度が高い中国ならではの傾向でしょうね。’11年11月に江蘇省蘇州市で起こった史上最大の振り込め詐欺事件では、被害者である投資会社の財務担当者が『マネーロンダリングの疑いがかかっているので出頭せよ。出頭したら返金するので、保証金を今すぐ振り込め』という電話にひっかかった。この会社は実際に、違法スレスレのことを行っていたようです」

 中国の役人全員に「あんたの愛人から聞いたぜ」とスパムメールを送りつけることができれば、濡れ手に粟が可能というわけか!? <取材・文/奥窪優木>

週刊SPA!連載 【中華人民毒報
行くのはコワいけど覗き見したい――驚愕情報を現地から即出し

中華バカ事件簿

激動の現代中国社会をイッキに覗き見!中国実話120選




おすすめ記事