デジタル

韓国でiPhoneが支持されない本当の理由

iPhone比率が高い日本とは違い、お隣の韓国ではAndroidが大人気。そのワケとは? ◆アップルが危機?iPhoneが支持されないワケ
吉崎エイジーニョ氏

吉崎エイジーニョ氏

 韓国では、「母ちゃんがフツーに機種変をしてAndroidを買ってきた」と例え話があるほど、老若男女を問わず、Androidが主流になっています。K-POPオタクでもある筆者は、ある日、ツイッターのアプリから彼女らが日々投稿に使う端末を推測できると知った。同じ事務所のKARAとRAINBOWの計12人で、間違いなくiPhoneユーザーなのはスンア(RAINBOW)のみ! その他ではKARAのスンヨン、ニコル、ジヨンらに併用が推測される程度……。  そもそもなぜ韓国ではiPhoneが嫌われるのか? それは画面の大きさに加え、「iTunes」が苦手なのも大きい。日本よりも何事においてもスピード重視のお国柄では、音楽や映像ファイルを一度登録し、同期化する作業が面倒とみられています。筆者の友人(20代男)に言わせれば、「Androidはパソコンのようにフォルダにデータを送れる。そこが複雑なiPhoneは一部の愛好家のもの」とのこと。  また、Androidでは、ギャラクシーの「ペン機能」がウケた。そこには、実は韓国ならではの活用法も。韓国のプロサッカー選手らは、「ファンの端末のインカメラでツーショットを撮る。その後、写真の上にペンでサインを書くのをよく頼まれます」と言います。  結果的に、スウェーデンの調査会社「starcounter」による国別Android vs iOS普及率調査の9対1とまではいかなかったものの、ほとんどの韓国人は、iPhoneの機能を知ったうえで、あえてAndroidを選んでいることがわかりました。  韓国社会では後発で、ややこしいとみなされているiPhone。これを使うくらいなら、自然にガラケーから移行し、PCと同じように扱え、かつ機能も多様なAndroidがいいということなのでしょう。 【吉崎エイジーニョ氏】 ’74年生まれ。スポーツから政治文化、北朝鮮事情も書くライター。『週刊プレイボーイ』『Number』などに寄稿。大阪外語大学卒 取材・文/韓国スマホ事情取材班 ― 美女に聞いた!韓流スマホ事情【2】 ―
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事