恋愛・結婚

「狙う男は東大生のみ」執念の婚活リポート

バブル期にはやったアッシーやメッシーも今や死語。だが、男にタカる女はいつの時代も存在する。むしろ気前よくタカられてくれる男が減った分、その手口は巧妙化。不況の徒花とも言うべき「進化したタカり女」の恐るべき実態とは――

◆高校生の頃から、狙う男は東大生のみ!執念の婚活リポート

東大 高校時代に両親が入院し、アルバイトで生活を支えたという赤松萌さん(仮名・25歳)。その体験から、「貧乏は絶対にイヤだ。安定した収入の相手と結婚するんだ」と刷り込まれたという。

 それからというもの、2ちゃんねるの学歴板でリサーチを重ねた萌さん。導き出した結論は「結婚するなら東大!」。情報源が偏っていたんじゃないかと心配になるが、萌さんに一片の迷いなし。

 当初、大学進学は考えていなかったが「いい旦那を捕まえるためには大学くらい出なければ」と方針転換。女子大に絞り「東大に近い」「インカレが充実している」という条件から、S女子大に進学。目指すは大学生限定の交流サイトでの東大生一本釣りだ。重要なのは「東大」というキーワードを出さずに東大生と出会うこと。東大生は学歴に惹かれてくる女子を警戒するからだ。そこで、掲示板には「渋谷の大学に行っているので、その近辺の人と遊びたい」などと地域縛りで書き込む。渋谷近辺なら東大生が来る確率が高くなるからだ(しばしば、明大前から明大生が紛れ込むので迷惑したとか)。

 東大生を見分ける方法としては、「駒場東大前」のローカルネタを振ること。駒場東大前だけは1、2年次に必ず通うからだ。東大生は学歴を隠したがる人が多いが、この話にはノッてくる。

 試行錯誤の末に「東大ウケ」も見えてきた。「絶対に髪を染めない」「つけまつげNG」「社会問題の話もできる」などなど。この執念は実を結び、次々に8人もの東大生とデートを重ねたという。

 その結果、見事ゲットした旦那さんは、東大医学部卒のお医者さま。もちろん旦那はすべて偶然だと思っているそうな……。

― 真理「女はカネに汚い」を証明した!【7】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事