ライフ

西武新宿駅の謎―JR新宿からどう行けばいいのか?

東急東横線渋谷駅の移転、小田急線下北沢駅の地下化など、リニューアルの続く東京の駅。ますます複雑に入り組んで、新東京人はもちろん旧東京人にとってもダンジョンだ。そんな迷路駅を実際に歩き回って傾向と対策をリポート。これでもう迷わない……かも!? 【新宿駅】 京王新線⇒西武新宿線 乗り換え時間:17分34秒 (平日のお昼時、混雑が少ない時間帯に計測。一旦西口に出て、地下道経由で東口地上に出るルート使用)
新宿駅

小田急線、京王線から東口へはJR構内経由で中央東口改札を出ればOK(逆も可)。新宿三丁目駅もうまく使おう

 JR線、京王線、小田急線、東京メトロ、都営地下鉄が乗り入れている新宿駅。ここでは直線距離で実に約600mも離れていて、移動距離が最長となる京王新線新宿駅から西武新宿線西武新宿駅の乗り換えをリポートしてみたい。  さっそく京王新線新宿駅のホームに降り立ってみたものの、そもそも京王線がややこしい。京王線新宿駅と京王新線新宿駅に分かれていて、ホームの場所はまったく別々。  とりあえず地下5階にある京王新線新宿駅のホームから、地下1階の改札まで上る。実はここまで西武新宿駅への案内表示はどこにも見当たらなかったのだが、改札口にある大きな案内板の端に小さく「東口から 西武新宿駅」の文字を見つけて一安心。  が、それも束の間。改札口の案内板には西口や南口への矢印は出ていても、東口への矢印が見当たらな~い! 「東口から」と案内しておいて、ノーヒント!?  仕方がないので西口をめざすことに。「京王モール」なる200mはある地下道を、不安になりつつ歩き続けた末に西口に到着。  と、ここでまた困惑。西口には近辺の主要施設への案内板がズラララ~ッと並び、矢印だらけでゴチャゴチャしまくっている。  ようやく何十も記された行く先の中から「東口方面(メトロプロムナード経由)」の文字を発見。その矢印の方向に歩を進めようとするも、え~と、う~んと……どっち行けばいいの? 案内板がどの道を示しているのかわかりづらく、不親切極まりない!  やむなく駅員さんに尋ねたが、教えられたのは「丸ノ内線」「都営大江戸線」と記された階段を下りていくルート。おいおい、ホントにこれで合ってるの? と不安になるようなマイナー道である。  何とか「メトロプロムナード」までたどり着くと、構内の地図に「出口B13 西武新宿線」の文字を発見。おぉ~、もうすぐか♪ 足取りも軽くB13の出口へ!  が、地上に出てみて思いっきり脱力。なんと「新宿アルタ」の脇から出てきただけだった。アルタ前の案内地図を確認すると、西武新宿駅までまだ200m! 「B13を出ればすぐ駅」みたいな表示にだまされた俺がバカだった……。 ◆西口→大ガードルートのほうがわかりやすく早い!  こうしてアルタ前からさらに歩き、歌舞伎町の入口を横目にようやく目標の西武新宿駅に到着。迷いながら進んだとはいえ、まさか17分以上かかるとは(泣)。  しかし腑に落ちない。案内板どおりに進んだわけだが、本当にこの複雑な道が最善ルートなのか?  というわけで、もう一度京王新線の改札に戻り、そこにいた駅員さんに西武新宿への行き方を尋ねる。すると「西口まで行ったら地上に出て、しばらくまっすぐ進むと大ガードがあるから、その高架下の道を行くと西武新宿駅のあたりに出ますよ」とのこと。  なるほど、確かにそのルートのほうが近そうだぞ。実際、西口から大ガード経由のルートを使うと、時間は短縮されて16分12秒。しかも地下道を行くルートよりややこしくなくて単純なのもいい!  ちなみにマニアックなルートだが、西口の地上から「思い出横丁」がある脇道に入り、その先の奥まった場所にある小さなトンネルをくぐると、アルタ前の東口駅前広場に出るので、そこから西武新宿線をめざすのが最短ルート。  また、かなり遠回りになるが、メトロプロムナードからサブナードという別の地下道を経由すると、一度も地上に出ることなく西武新宿線の改札までたどり着ける。雨の日などにはおすすめだ。 【攻略ワザ】 ・西口⇔東口の移動は思い出横丁と東口駅前広場をつなぐ地下道が便利。 ・JR⇔西武新宿線の乗り換えは新宿ではなく高田馬場で。 ・JR⇔大江戸線の乗り換えは新宿より代々木が便利。 ※乗り換え時間は記者個人の実測によるもので、歩く速さ、混雑状況等によって変動します。 ― 東京[迷路駅]攻略ガイド【2】 ―
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事