恋愛・結婚

じぇじぇ! なぜ方言美女は魅力的なのか?

 人気沸騰中のNHKの朝ドラ『あまちゃん』。ヒロインを演じる能年玲奈さんの笑顔に毎朝癒されている諸兄もさぞ多いことだろう。なかでも、能年さんはじめ登場人物たちが連呼する「じぇじぇ!」という方言は、なんとも印象的なフレーズだ。

 これは岩手県・三陸地方の一部地域で使われる方言で「えっ!」と驚いた際に使う言葉とのことだが、海女姿の能年さんが「じぇじぇ!」という度、可愛らしさが3割増し(あくまで記者の主観です)くらいで襲ってくるから、恐るべし、方言の魅力である。

 かつては方言を話す美少女が出演するバラエティ番組『方言彼女。』も話題になったが、なぜ世の男たちは方言に弱いのだろうか……。都内の会社員・加藤智樹さん(仮名・29歳)が話す。

「方言の魅力って、なんといっても“親しみが湧く”ことだと思うんですよ。自分の地元の言葉はもちろん、全然知らない土地の言葉でも、女のコに方言で話されるとなぜか親近感が出てくるじゃないですか? この前も、たまたま行ったキャバクラに大分県出身のコがいて、『くすぐったい』を『こちょばゆい』とか言うんです。思わず指名して、『もっと方言話してよ』なんて飲んでたら、10万円近く使ってました(笑)」

 方言で話されるだけで、なぜか男のガード(財布)も緩くなるから不思議なものだ。ちなみに最近では、都内に方言で話す女性ばかりを集めたバーも多数できている。そこで、そんな店で働く“方言美女”たちに、「わたしと一緒に飲みましょう」と、各地の方言で言ってもらった。

1:福島県出身 なっちゃん「オラと一緒に飲みいくべぇ!」
※【動画】はコチラ⇒http://nikkan-spa.jp/437963

2:富山県出身 ゆっぴーちゃん「ウチと一緒に飲みいかんまいけー」
※【動画】はコチラ⇒http://nikkan-spa.jp/437963

3:新潟県出身 ちずるちゃん「わーと一緒に飲みいこよー!」
※【動画】はコチラ⇒http://nikkan-spa.jp/437963

 どうだろう? もしあなたが、「標準語で誘われるよりもグッときた!」と思ったならば、もう方言の魔力に魅せられているはずだ。週刊SPA!5/14発売号の「俺の夜」では、さらに都内に点在する「方言美女に会えるお店」を特集している。方言のさらなる魅力を知りたければ、早速、見るべし! <取材・文・撮影/日刊SPA!取材班 取材協力/神田「VILLAGE BAR ho‐gen」>

週刊SPA!5/21号(5/14発売)

表紙の人/蓮佛美沙子

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事