エンタメ

「アラサーちゃんは誰が読んでも他人事とは思えない」AVライター・雨宮まみ

『恋のから騒ぎ』の元メンバーとしてAVに電撃出演、一躍話題になったのが’05年。そんな峰なゆかがいまや売れっ子の漫画家に! 現在は有名人にもファンが多い著書『アラサーちゃん』。その人気を専門家たちが分析する。

◆ひたすら自分にツッコミ入れ続けたオンナの「客観力」と「観察眼」の賜物

雨宮まみ

雨宮まみ氏

 女としての劣等感に苛まれた自身の半生を描いたエッセイ『女子をこじらせて』が話題となったAVライター・雨宮まみ氏。峰なゆかをAV女優だった頃からよく知る人物だ。

「峰さんは『ゴージャスボディのお姉さん』というイメージで、メーカーが激推しの状態でデビュー。見開きの広告もよく見たし、ランキングでも上位に食い込む有名女優さんでしたね」

 しかし、初インタビューで出会った峰の印象は、そのイメージとはずいぶんかけ離れていた。

「撮影現場でメガネをかけて魚喃キリコの漫画を読んでいました。AV女優がまさかのサブカル女子!?ってびっくり。こじらせた“何か”を内に秘めてるのかなあと、そのとき思いました」

 峰の“こじらせ”=劣等感は『アラサーちゃん』からも読み取れる。

「峰さんは周囲にとても気を使う人で、『私のせいで場の空気を悪くしちゃいけない』と、過剰に自分を客観視するタイプ。また、非モテやぶりっこ、ヤリマンなどさまざまな立場に身を置いたことがある峰さんだからこそ『アラサーちゃん』は描けたんだと思います。誰が読んでも他人事とは思えない。周りだけじゃなくて、自分にまでひたすらツッコミを入れ続けた峰さんの、客観力と観察眼の賜物ですよ、きっと」

【雨宮まみ氏】
AVライター。’76年生まれ。AVライター、作家。著書に、女性性の自意識と自己評価をこじらせた自身の半生を描いたエッセイ『女子をこじらせて』(ポット出版)などがある

― エロすぎる漫画家[峰なゆか]を丸裸にした!【7】 ―

アラサーちゃん 無修正1

女の業が丸裸!

女子をこじらせて

「女子」という生きづらさに真っ向から向き合う半生記!

ハッシュタグ




おすすめ記事