恋愛・結婚

男のロマン「強制夢精法」を実践

円安&インフレ懸念が進み、財布の中身も寂しい昨今。単価が高く、コストパフォーマンスの悪いSEXやオナニーを安易にはしたくないもの。そこで、一回の“抜き単価”を劇的に下げる裏ワザを伝授。より安く、よりコスパの高い、至極の“抜き”を探究せよ!

【抜き単価】⇒100円
◆眠りにつく前に、スプレーを局部に噴射!男のロマン「強制夢精法」


浅野えみちゃん「夢精できれば、オナニーの10倍は絶対に気持ちいいのは男なら誰でも知っているでしょ」とは、カリスマ風俗客ヒクソン☆高田氏(41歳)だ。男のロマン“夢精”を彼は苦心の末、ついに強制的に発動する術を編み出したという。

「いろいろ試したところ、一番効果的なのはスプレー式の鎮痛消炎剤をタマに約40秒間噴射することでした。あとは眠るだけ。エロい妄想も必要ありません」

 この強制夢精法により、彼は5日に1回夢精するという。

「難点は、噴射時にタマがピリッと痛いこと。でも、この痛みが夢精を促すと思うんですよね。オレ、Mだし。ただ、いくらドMでも竿部分に噴射すると危険なので、注意してくださいね」

 スプレー式の鎮痛消炎剤1本(約1000円)で10回は夢精できるというヒクソンさん。夢精の単価が100円とは確かに安い。

ヒクソン☆高田

愛用するスプレー式の鎮痛消炎剤との一枚。この後、夢精を夢見ながら、眠りについた

 しかし後日、記者も試してみたのだが、夢精にあえなく失敗。局部に痛みだけが残るハメとなった。

 どうやら強制夢精法には個人の体質と、旺盛な性欲が必要のようだ。なお、くれぐれも使用は自己責任でお願いしたい。

●コスパ度:★★★★★
●快楽度:★★★★★
●安全度:☆☆☆☆☆

取材・文・撮影/オオサワ系 奥窪優木 鈴木おなほ 山田ジン 吉岡 俊
撮影/WATAROCK モデル/浅野えみちゃん
― [抜き単価]を抜本的に下げる裏ワザ【5】 ―




おすすめ記事