恋愛・結婚

熟女好き必見! タイプ別“美熟女”攻略法

今、過熱する美熟女ブーム。彼女たちをよく観察してみると、およそ4タイプに分けられることが判明。タイプごとに趣味、嗜好、価値観、そして攻略法を考察してみた。

◆女性誌スタッフが明かすタイプ別美熟女攻略法とは?

アラサー, アラフォー, 熟女, 美女 急増する美熟女とは、いったいどんなライフスタイルを送っているのだろうか。本誌SPA!は街頭取材に加え、美熟女の生態に詳しい女性ファッション誌のスタッフ数名に聞き込んでみた。すると浮かんできたのが、隠れ肉食艶女、バブル行き遅れ姉さん、ガーリーおばさん、週末はサーフ&ターフ、の4つの類型だ。

※【4つの類型】詳細はコチラ⇒http://nikkan-spa.jp/454191

 隠れ肉食系タイプについて、アラフォー女性の取材経験豊富なライターのA氏はこう語る。

「35歳を過ぎると、女子は肉食と見られることに疲れ始めます。かといって、イケメン漁りはやめられない。その結果、年の功で肉食マインドを状況に応じて使い分けれるようになる。恋もセックスも基本的に好きで、年齢と反比例するかのように人恋しさが増しているので、その心の隙を埋めることがオトす近道になるでしょう」

 一方、バブルの残り香を忘れられず、オーバー35歳になってしまったのがバブル姉さんタイプ。

「いまだに西麻布に出没し、平日からグイグイ飲み、タクシーで深夜帰宅を繰り返す。洋服や化粧を今っぽくする努力はするんだけど、結局『あの頃の輝いていた自分のスタイル』に戻ってしまいます。なのでいっそ、『若いときより今のほうがキレイですよ』というアプローチが効きます。それなりに手順は必要ですが、難攻不落というわけではない」(A氏)

 この2タイプに比べ、さらに男性ウケを気にしているのがガーリーおばさんタイプ。女性誌で活躍するカメラマンのB氏の指摘。

「YOUを信奉し、洋服は永作博美や菅野美穂を参考にする女性ですね。部屋着がエロかったりして、『セクシーさ出しました』ではなく『出ちゃいました』と見せてきます。おっちょこちょいでミスが多いので、そのフォローを上手にやれば距離はグッと縮められます。根がかまってちゃんなので、セックスまでは持ち込みやすい」

アラサー, アラフォー, 熟女, 美女 最後は、やたらアクティブなサーフ&ターフタイプ。前出のライター・A氏の分析はこうだ。

「サーフィン、ゴルフ愛好者率が以上に高く、そうかと思えば急に落語や歌舞伎にハマったりもする。趣味友達は多いけど恋愛にはなかなか発展しないタイプです。サプライズ好きなので、好意を伝えるには一計を案じ、奇襲戦法で口説きにかかりましょう」

 どうやら、もっとも攻略しやすいのがガーリーおばさんで、その逆はリア充型のサーフ&ターフタイプの美熟女になる模様。気になる美熟女がいたら、この攻略法をぜひ試していただきたい。

― OVER35 美熟女たちの艶っぽい生態【4】 ―




おすすめ記事