恋愛・結婚

地味なおばさんが“風俗勤め”を始めた理由

昨今、年を重ねても美しい女性たちが“美魔女”ともてはやされている。だが、その枠に入らない“普通のおばさん”はどうなのか。まだまだ“オンナ”でいたい、彼女たちの魂の叫びを聞け!

<荒井さん(仮名)44歳・風俗>
◆性欲・金欲に溢れ38歳で風俗に飛び込んだ!!


風俗,性生活 バスト110cmの荒井さん。ビッグなのは胸だけではない。

「私は性欲・金欲も普通の同年代女性より大きくて、更年期障害で体が火照って火照って仕方ないし、稼ぎたいから38歳でこの仕事を始めました。一石二鳥!(笑)」

 お客さんは福沢諭吉!と最初は割り切ってプレイを始めるも、荒井さんはイチモツをいじっていたら次第に発情してしまい……。

「気づけば無我夢中で咥えているというか……。本番店ではないのでガマンするのに必死(笑)。一番大好きなのは逆夜這いプレイ。だって自由にオチンチンをいじれるじゃないですかー!」

 彼女のように性欲強すぎて、風俗に飛び込むおばさんも多いとか。

「外見は地味なのに、小銭稼いだから下着だけ派手みたいなおばさん凄く多い。みんなお盛んです!」

<千佳さん(仮名)45歳・主婦>
◆不倫サークルでは物足りず玩具で毎日自慰に耽る!


 貞操を守っていた千佳さんの爆発理由は夫の勃起不全だ。

「月1回が0に。欲求不満が募り、試しに風呂場で股間にシャワーを当てたら良くって。一気にオナニーに目覚めちゃいました」

 へそくりでローターやバイブを大量購入。しかし、すぐに虚しさが襲う。そこで生身の男性に手を出すようになった。

「最近はツイッターで知り合った男性の紹介で不倫サークルに出入りしています。求める条件は清潔感とバイブ並みの硬さかな(笑)」

 しかし、月2回の不倫サークルでも物足りず、オナニーは日課に。

「一番好きなのは、強力なバイブを挿入したままで、ローターを当てること。一日3回はイカないと眠れないんです。風呂でしていて、子供に『お母さん長風呂すぎる!』と怒らました(笑)」

― 40~50代オンナの性欲が爆発している!【2】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事