雑学

ラーメン業界を密かに賑わせている「烏賊干し」とは?

烏賊干し鶏白湯醬油そば

烏賊干し鶏白湯醬油そば

 現在、全国に約35,330軒あると言われているラーメン店。今や醬油・塩・味噌・豚骨だけでなく、濃厚な豚骨魚介も定番となりつつある。ほかにも、さまざまな味のバリエーションで勝負しているラーメン店も多い。そんな中、最近密かに注目を集めているのが烏賊を使ったラーメンだ。

 新橋にある纏(まとい)というお店で、「烏賊干し鶏白湯醬油そば」が通常メニューで提供されているのをはじめ、期間限定で現在は提供されていないようだが

●茨城県つくば市にある煮干中華ソバ イチカワでは「特濃煮干ソバ Kraken(イチカワ)」(濃厚烏賊煮干鶏白湯)。またこのお店と、埼玉県の頓知房(とんちぼ)でコラボした「限定 特濃煮干の和えつけ」(濃厚烏賊煮干鶏白湯)

●恵比寿のおおぜき中華そば店「イカと煮干しの黒いそば」や「特濃イカ煮干グレーあえつけそば」

●入谷の麺処 晴「限定HARU烏賊まぜそば」

●新小岩のラーメン燈郎「でづのいかやん」

 などいった感じで、あちこちの有名店で烏賊を使った限定メニューが提供されており、ラーメンマニアの間で話題になった。

 どれも「烏賊干し」という素材でダシを取ったラーメンとのこと。聞いただけではちょっと味の想像ができないので、さっそく新橋の纏で、「烏賊干し鶏白湯醬油そば」(780円)を食べてきた。

 トッピングにもイカゲソが乗っており、烏賊を全面に押し出したラーメンだ。最初に鶏の美味さと甘さに烏賊の風味が合わさり、今まで食べたことがない独特の味になっている。くどさや烏賊のくさみはないが、この独特の風味は烏賊が苦手という人には合わないかもしれないが、この個性のある味は癖になりそう。

 まだまだ扱っている店舗数自体は少ないが、この独特な烏賊を使った味わいはラーメン業界で新たなムーブメントを巻き起こすかもしれない。 <取材・文/トモMC>

ハッシュタグ




おすすめ記事