エンタメ

“食べすぎるグラドル”水樹たまが一人で通う店を公開!?

ドラマ版Season3も好調な『孤独のグルメ』。週刊SPA!にて不定期連載中の人気マンガ(原作/久住昌之・作画/谷口ジロー)が原作となっているのだが、この作品、男が一人、飯を喰うだけ。ただそれだけなのに、なぜ心を奪われるのか。そして、一人で食べる食事の哲学とはいったいどこにあるのか。各々が持つ『孤独のグルメ』を熱く語る!

◆料理との出会いは一期一会。おいしい料理は絶対逃さない!!

水樹たまちゃん 井之頭五郎が、空腹の勢いで後先考えずにメニューを頼んでしまい、食べすぎて後悔するシーンは、『孤独のグルメ』でおなじみのシーン。女性ながら、「井之頭さんのように、つい頼みすぎちゃうことがある(笑)」と語るのは、グラビアアイドルの水樹たまちゃん。現在、“食べすぎるグラドル”としてブレイク中の彼女は、豊満なボディからも見てわかる通り、かなりの食通。都内だけでも、行き付けの「ひとり飯」の店が多数あるという。

「基本的にご飯は一人で行くことが多いですね。落ち着いた雰囲気のお店を選ぶようにしています。できるならカウンターの端っこ。どうせなら、静かにゆっくりと味わいたいじゃないですか?」

 料理だけでなく、食事中の環境にまでこだわるあたりは、まさに“グラドル界の井之頭五郎”といったところか。では、たまちゃんが頼みすぎちゃう状況って?

「地方へお仕事に行ったときですね。地方のお料理って、次にいつ食べられるかわからないから、いろいろと頼んでしまうんです。私、“期間限定メニュー”とか、“一日何食”ってメニューに弱くって。食べないと、あとで絶対に後悔しちゃうんですよ」

 とはいえ、グラビアアイドルは体が資本。ぽっちゃり体形がファンにウケているとはいえ、あまり無理をしないほうが……。

「いえいえ、“そこで食べずしていつ食べる!”です」と言いながら、馬肉料理の撮影に臨む彼女の顔は、取材中で最も輝いていた。

◆たまちゃん厳選!最高のひとり飯店

水樹たまちゃん

水樹たまちゃん

・鶏の穴(ラーメン)
池袋駅の近くにある鶏白湯ラーメン店。「スープがこってりしていてとってもおいしい! 鶏のチャーシューのほかに、そぼろと煮たまごも入っていて大満足」

・マタドール(ラーメン)
牛骨でとったスープが特徴の北千住の名店。「あっさりしていながらパンチがあります。贅沢牛焼らぁ麺は、大きな牛肉が入っていて、食べ応えも十分」

・山陽(焼き肉)
下赤塚にある焼き肉屋。手頃な価格で本格的な焼き肉が味わえる。なお、たまちゃんのお勧めはチョレギサラダ。「ドレッシングが独特でおいしい!」とのこと

・福包(餃子)
新宿など都内に4店舗ある餃子専門店。焼き餃子と水餃子が、6個で290円。サイドメニューも充実しており、たまちゃんは“ベーコンご飯”がお気に入り

・やっこ(うなぎ)
創業200年を超える浅草の老舗。「ここのうなぎの蒲焼きは、うなぎじゃなくて高級な白身魚を食べているみたいで絶品!」とたまちゃんもその魅力を力説

・すみた(うどん)
赤羽で、本格的な讃岐の手打ちうどんを提供するうどん店。たまちゃんは「かしわ(鳥の天ぷら)が最高においしい」と太鼓判。つまみ系メニューも充実

・ランデブーバー(クラブハウスサンド)
帝国ホテルの1階ロビーにあるランデブーバー。「ほかのサンドイッチと一線を画す味」とたまちゃんが語る、アメリカンクラブハウスサンドイッチが人気

・寿矢(寿司)
経堂駅のすぐ近くにある寿司屋。友人の紹介でこのお店を知ったと言うたまちゃんは、「旬のネタの握りも新鮮な魚を使った一品料理も本当に最高」と推薦する

・ほり川(寿司)
池袋のホテルメトロポリタンなどに店を構える名店。厳選されたネタはいずれも絶品だが、たまちゃんがあると必ず頼むのは「いくら、さより、あなご」

・鮨辰(寿司)
駒沢大学駅にある名店で修業を積んだ主人が腕を振るう。常連のたまちゃん曰く、「運がいいと2~3種類のウニが食べられますが、特に赤ウニは美味!」

・まぐろ問屋三崎港(回転寿司)
リーズナブルな価格でおいしい寿司を楽しめる回転寿司の人気チェーン店で、たまちゃんは一部の店舗でのみ味わえるという“塩漬けまぐろ”のとりこ

【水樹たまちゃん】
特にお気に入りのお店は、ドロンズ石本氏がオーナーを務める、恵比寿の「馬肉屋たけし」。「生肉が大好き」というたまちゃんの一押しは、馬刺しやユッケなど

― 俺流『孤独のグルメ』【3】 ―

想いのままに

舞台はバリ島。秘書のたまちゃんが何でも言うこと聞いちゃいます




おすすめ記事