マネー

競馬で一撃3700万円をゲットした男の馬券購入術

インスタントジョンソン じゃい氏

はずれの多い「3連単」だからこそ、自分だけが稼げる!

 一昨年のクリスマスイブ、競馬で一撃3700万円の超高額配当をゲットしたお笑い芸人・インスタントジョンソンのじゃい氏。先日もロケで100万円を超える馬券を的中と、快進撃は留まることを知らない。一体、素人と何が違うのか? 馬券購入術の極意に迫ってみると……。

「多くの人は“当てたい”って気持ちが強すぎるんです。だから、予想がブレるし、買い方が定まらない。“当てる”と“稼ぐ”は別。トータルでマイナスなのに予想が当たったから喜ぶ人とか結構いますけど、信じられないですね」

 じゃい氏いわく、“稼ぐ”極意は「いかにスタイルを維持して冷静を保てるか」だという。

「馬券を何点買うか、1レースにいくら使うかを決めることが大切です。そして何より、勝ったときのことを考えない! そもそも全レース的中させるなんて無理な話ですから、自分の決めた枠の中でどれだけ無駄な投資を削っていけるかにこそ神経を注ぐべきです」

 そこで、じゃい氏が推薦するのが、1着~3着までをすべて当てる3連単の「6~10点買い」だ。

3連単10点買い

「30点も買えば当たる確率は上がるけどリターンは少ない。買い目は抑えましょう」(じゃい氏)

「競馬の還元率(馬券の売り上げからJRAの儲けを差し引いて客側が手にする配当)は決まっているので、勝負は『より多くの人がはずれ馬券を買い、自分だけが当てる』というポイントに収束します。その点で、一番売り上げが高く、一番はずれ馬券が多い3連単がベスト。しかし、闇雲に買っていては投資が増える一方なので、1着馬を固定して、対抗馬を1頭、さらに有力馬を3~5頭に絞った6~10点で勝負するのが自分もよくやる買い方です」

 詳しい購入法は図(http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=505286)を参照してもらうとして、この買い方なら投資を抑えられ、高額配当を生み出す穴馬も絡められる。

「他人のはずれ馬券が多いレースのほうが“稼ぎ”につながりますから、実力のない馬が人気になっている時こそチャンス。競馬新聞などの情報は、順位予想というよりも、本命を外す要因を探すために使うんです。例えば、派手な勝ち方をした馬の次のレースは実力以上に人気になりやすく、逆に実力があっても思うようなレースができていない馬は人気薄になる。そこで、バブルがはじける寸前の人気馬をばっさり切って、底値の実力馬を買うんです。そういう意味で、目の付け所は個別株投資と同じ感覚かもしれませんね」

 9/10発売の週刊SPA!に掲載されている特集「[ギャンブルで100万円稼ぐ]必勝法」では、競馬以外にも競輪・パチスロ・ロト7・海外カジノにおける「確実に100万円を稼ぎ出す」理論を紹介。日当10万円以上だと豪語するプロたちがその必勝法を伝授している。技術、メンタル、資金管理術を徹底すれば、バクチは運を凌駕するのか!? <取材・文/週刊SPA!編集部>

【インスタントジョンソン じゃい氏】
著書に『稼ぐギャンブル 5000万円稼いだ芸人が教える50の法則』(太田出版)。インスタントジョンソン単独ライブ「三輪車」は新宿シアターモリエールにて9月28日より開催

週刊SPA!9/17・24合併号(9/10発売)

表紙の人/中居正広

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
稼ぐギャンブル 5000万円稼いだ芸人が教える50の法則

ギャンブルは「賭け事」ではなくて、「稼ぐ手段」だ!




おすすめ記事