「よし、一生鹿と生きていくぞ」と決めた【鹿の解体×音楽イベント1万字ルポvol.4】

「水曜日のカンパネラ」という音楽ユニットが11月4日、渋谷のライブハウス「WWW」で主催した音楽イベントで「鹿の解体」を行った。今回のイベントは「決してグロテスクなものを見せたいわけじゃない」と語るコムアイ氏。イベント当日の一日に密着した。

⇒【ルポ3】「いよいよライブハウスで鹿の解体がはじまる」はコチラ

解体後のトークショーの様子

 トークショーでは、なぜコムアイ氏が鹿の解体に向き合うようになり、イベントで鹿の解体をするに至ったのかが、しっかりと本人の口から語られた。ここは対談形式で紹介しよう。

コムアイ:獣が溢れているというのを最近よく聞くんですけど、山で鹿や猪を狩る人が昔に比べて減っていて、畑に降りてきちゃったりしているというニュースは皆さん、ご存知だと思います。そういう理由で鹿や猪が殺されているんですけど、食べられていないんですよ。殺されてしまうのに捨てられるなら、まだ食べられたほうがいいと思っていました。実際に食べてみておいしいのかというのも気になっていたんですが、食べてみると私好みの味で、『よし、一生鹿と生きていくぞ』と決めたんです(笑)。

佐野氏:獣害問題に関しては、僕の住んでいる八ヶ岳の南麓はすごく鹿が増えちゃって。八ヶ岳の2000mぐらいに生えている高山植物まで鹿が食べちゃっているんですね。それで、鹿が里に下りてきて、農家で生計を立てている人たちの作物まで食べてしまう。みんな自己防衛をしてネットを張ったりしているんですけど、それでも鹿を獲りきれないので、猟師さんたちに頼んで鉄砲で撃ってもらっているんですよ。でも、猟師さんたちはそんなに食べられないですよね。一頭獲ればけっこうな量の肉が手に入りますし。なので、そのまま山に埋めているということを知って、『だったらみんなに食べてもらったほうがいいんじゃないの』ということで、解体を始めたんですよ。

解体ワークショップをはじめてみたら、けっこうな人が来るんですよ。その代り、『楽しく解体して、食べて終わりだよ』という考えでやっています。楽しみながらご飯を食べたい。そこにただ、解体がある、血がある、という考えの人は楽しいと思いますけど、『うーん……』となってしまう人も中にはいると思います。ただ、それは人それぞれの意見なんで。

コムアイ氏:もしかしたら、ライブハウスで解体をしたら倒れたり、泣いちゃう人もいるかもしれない、と思っていました。そういう人がいても当たり前というか……だって、普段見ないじゃないですか、解体は。そんなものは見ないで肉を食べるのが当たり前ですから、東京では。でも、「それでも見たい」という人がここの中に10%でもいれば、ここでやる価値があると思っていたんですが……思っていた以上に皆さん見たがってくれたみたいで(笑)。

 さて、解体は終わったが、音楽イベントはこれからがメインイベント。大森靖子氏がギター一本で、会場の雰囲気をガラリと変えた後、20時20分についに『水曜日のカンパネラ』の出番だ。

鹿の解体×音楽イベント

普段のステージでは1人で歌うが、この日はゲストとしてりんご飴マンたちとバンド形式で2曲演奏した

 ステージに再び登場したコムアイ氏は一曲歌い終えると、「私が観たかったイベントになりました」と満足げ。「もう皆さんも満足感いっぱいじゃないですか? ちょっと疲れちゃったな。私は鹿の解体のあとに満足感がピークを迎えてしまいました」と大トリとは思えない脱力ぶり。だが、この力の抜けた感じも彼女の魅力らしく、観客は笑って受けている。

 実際、途中で歌詞を忘れるなどのハプニングもあったが、むしろ堂々と鼻歌で歌いきるという肝の据わりっぷり。「お菓子を食べればいいじゃない」という歌詞がある『マリー・アントワネット』という曲では、「鹿肉食べればいいじゃない」と叫んでいたのが印象的だった。

鹿の解体×音楽イベント

「お菓子を食べればいいじゃない」と書かれたフリップを持ちながら、「鹿肉食べればいいじゃない」と叫ぶコムアイ氏

 さて、実際に鹿の解体を見た観客の感想はどんなものだったのか。果たして「解体」をショーとして見せた意義があったのか、なかったのか。受け手の意見を集めてみた。

「僕はダメでしたね。少しだけ見たけれど、途中で出てしまった」という男性(39歳)もいれば、「面白かった! 血とかビシャーって出ちゃってグロいんじゃないかと思っていましたけど、そうでもなくて」という若い女性も。

 多かったのは、「皮が剥がれてされていくと、大丈夫になってきた」という意見だ。

「どんなことになるんだろうと興味はあったんですけど、鹿の顔を見たらかわいそうになってきました。皮がある状態でナイフが入っていったときは特に。肉に見えてきたら平気になったんですけど。私も動物を飼っているから、あのシーンはツラかった。でも、そうやって処理したものを食べているってことですもんね。考えさせられました」(川崎市のGさん・女性)

「面白かったです。グロテスクではありましたけれど、肉になっていく過程を見ているうちに鹿肉を食べたくなってきましたね。解体が終わったあと、実際に食べてみたけど、僕はちょっと苦手かな(笑)。でも、自分で解体してみるっていうのも、楽しいかもしれませんね」(32歳・男性)

「佐野さんが楽しく解体をしているのが伝わってきました。『いのちの食べ方』という映画を見て、家畜を殺すということの意味を考えていた時期があったんですけど、今日は佐野さんのトークに乗せられたのか、あっという間に肉になっていて。でも、改めて『食べ物の食べ方』ということを考えさせられました」(20歳・男性)

 話を聞けた人たちはおおむね、このイベントを肯定的に捉えているようだ。しかし、最初に紹介した男性のように解体の途中に会場を出て行った人も何人かいたそうで、当然すぎるほど当然だが、観客に何かを突きつけるイベントになったことは間違いない。

「鹿の解体をイベントでみせるのは、これ一回きりにはしたくない。むしろ、音楽よりも鹿のほうが大事かもしれない」と笑うコムアイ氏。果たしてその試みが世間にどう受け取られていくのか、今後も注目していきたい。 <取材・文/織田曜一郎(本誌) 撮影/難波雄史>

― 鹿の解体×音楽イベント1万字ルポ【4】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事