マネー

アベノミクスに二匹目のどじょうはいるか?

◆“第一波”に乗り遅れた人もまだまだ儲けられる!

 芸能人から一般のサラリーマンまでアベノミクスで大儲け!と話題だ。一体、何が起きているのだろうか?

 経済評論家の山崎元氏は、次のようにアドバイスする。

山崎 元氏

山崎 元氏

「安倍首相の経済政策――アベノミクスはざっくり言うと、インフレ目標を2%に設定し、金融緩和を行うことで円安と株高、不動産高に誘導し、景気をよくして物価を上げるという政策です」

 実際のところ、ドルに対して円の価値が約25%下落する円安になり、日経平均株価も8000円から1万5000円台にまで上昇した。

「これだけ日経平均株価が上がっていれば、たいていの株がそれなりに上がっている。誰にでもチャンスはありました。特に、日本株に投資していた人はよほどのことがない限り、儲かっているはずです。うまい下手はあまり関係ありません」

 5月下旬には株価が急落したものの、現在は持ち直しつつある。2020年の東京オリンピック開催が決まったことも、プラスに働いた。

「欧米や中国の経済状況などを考えると、心配はあるけれど、投資をするには、まあまあの環境と言えるでしょう。円安と株価の上昇が今後も続く可能性は十分あります」

 今回の“波”をつかまえそこねたと、悔しがっている読者もいることだろう。でも、心配無用! まだまだ、チャンスは残っているようだ。さっそくアベノミクス勝者の儲け話に学び、二匹目、三匹目のどじょうを我が手におさめようではないか!

【山崎 元氏】
経済評論家、楽天証券経済研究所客員研究員、(株)マイベンチマーク代表、獨協大学特任教授。『全面改訂 超簡単 お金の運用術』(朝日新書)など著書多数

― アベノミクス勝者がこっそり教える[(秘)儲け話]【1】 ―

全面改訂 超簡単 お金の運用術

投資も貯蓄もこの1冊でOK!

ハッシュタグ




おすすめ記事