ニュース

「景気回復なんてウソ」と叫ぶ「実質賃金厨」は頭が悪い/倉山満

― 連載「倉山満の言論ストロングスタイル」―

衆議院予算委員会

2月12日、衆議院予算委員会で安倍晋三首相(右)に質問する、立憲民主党会派の岡田克也氏(左手前)。岡田氏の水掛け論が、今回も自民党の助けとなる!? (写真/時事通信社)

共産主義者が国会の中心で、「実質賃金ガー」と叫ぶ


 共産主義者が国会の中心で、「実質賃金ガー」と叫ぶ。

 愚かな連中だ。こいつら、雇い主は誰だと問いたださねばなるまい。

 先日の自民党大会で、安倍晋三首相(自民党総裁でもある)が、「あの悪夢のような民主党政権」と表現した。本当のことではないか。

 これに対し、立憲民主党が岡田克也元民主党代表を質問に立て、「取り消せ」と水掛け論を挑み、案の定、安倍首相に拒否された。

 岡田克也と言えば、かの郵政解散では、見切り発車で定跡破りをした小泉純一郎を大勝させた、自民党の功労者だ。民進党の代表としては、安倍政権に3分の2の議席を与えた立役者だ。そして民主党政権では、鳩山・菅・野田のすべての内閣で主要閣僚か幹事長を務めている。味方に回すと恐ろしいが、敵に回すとこれほど頼もしい人物もいない。

 立憲民主党もよほど安倍内閣に存続してほしいと望んでいるのか。

 安倍内閣は、6年も政権を担当しながら何の業績もなく、「民主党よりマシ」としか言えない体たらくだ。

「景気が回復軌道にある」というのは実績でも何でもない。しかし、民主党よりマシなのは間違いない。少なくとも、安倍内閣6年は、失業率も自殺者も、民主党政権よりはマシである。歴史に残る業績ではないが、相対評価だと間違いなく、旧民主党関係者より、安倍政権に軍配が上がる。国民もそれを見ているから、安倍首相に長期政権を許しているのではないか。

 これに対する野党の攻撃が筋悪だ。「安倍内閣は景気回復の効果を誇るが、実質賃金の統計をごまかしていたではないか」と迫っている。その統計、民主党政権でも使っていたので、説得力がない。

 ただ、「実質賃金」の意味、与野党問わず国会議員の先生方、わかっているのだろうか。大半の国民もピンと来ていないように思える。

次のページ 
「実質賃金」の本当の意味

1
2
3

嘘だらけの日独近現代史

世界大戦に二度も負けたのに、なぜドイツは立ち直れたのか?





おすすめ記事