恋愛・結婚

40歳無職女性「オ●ニー配信は収入源と同時に癒やし」

最近若い世代を中心に浸透しているのがニコニコ動画やFC2などの動画配信サイトを利用したネット配信だ。日常生活をただカメラに映したものや、「雑談」と称した生放送が至る所で配信されている。そして中には、家から出ることなくネット配信だけで金品を乞う引きこもり女性たちが少なからず存在しているという。果たして彼女たちはどのように金品を貢がせているのか? そしてどんな女たちなのか? 真相を探るべく、本人たちを直撃した

◆オナニー配信は収入と同時に癒やしだという無職の40女

ネット, 女の生態 部屋に引きこもり、配信を日課にしているのはなにも若い世代に限った話ではない。九州在住のゆってぃさん(仮名・41歳・独身)は、半年前に派遣の契約が切れ、それ以来実家にこもり毎晩ネットのアダルト配信を続けている。

「ネット配信を始めたのは、悩みを愚痴る掲示板で教えてもらったのがきっかけです。週末は気分が乗れば公開オナニーをしていますが、有料にすると人が少なくなってしまうので、無料で雑談を交えた配信がメインです。無料でも、20代の若い男性視聴者から褒められると、『女としてまだまだいける』って素直に嬉しいんですよね(笑)」

 ゆってぃさんはたまにもらえるチップと貯金で食いつないでいる。

「そもそもエッチなことも大好きだし、不特定多数の人に見られるって非日常じゃないですか。その刺激がクセになるというか、大勢の人に“求められている感”がたまらなく心地いいんです」

 日常生活では味わえない快感に熱中し、今ではネット配信なしには考えられない生活だという。

「仕事を辞めて精神的に病んでしまったときも、親は働け!と怒るばかりで、バリバリ働いている友達には相談もできない。そんなときに唯一本音を出せたのがネット配信だったんです。エッチな配信も、話を聞いてくれるファンへお礼の意味も込めてやっていること。もし再就職しても精神バランスを保つために、配信は私にとって必要不可欠です」

 彼女が月に稼ぐチップの額はおよそ3万円。ネットを唯一の居場所として今後も不定期で配信を続けるという。

― 引きこもり女の[ネット貢がせ]に唖然【1】 ―




おすすめ記事