氷砂糖業界でトップシェアを誇る老舗企業 景気に左右されにくい!?

景気後退の影響により雇用情勢は悪化しているという。失業率や有効求人倍率だけを見ればそうだが、日本には大手企業を上回る利益を出し、保障も充実した中小企業が山ほどある。そんな会社を厳選紹介する

市場を独占する老舗企業 『中日本氷糖』
氷砂糖業界で4割のトップシェアを誇る老舗の企業
国内トップシェア★★★★★
景気に左右されにくい★★★★

氷砂糖

1gあたり、4kcalの氷砂糖は、今回の震災時に非常食として重宝された

氷砂糖は純度の高いショ糖の結晶のこと。梅酒などの果実酒や和菓子の餡などに用いられるほか、コーヒーや紅茶に使われる。この氷砂糖業界において全国の約48%のトップシェアを誇るのが、馬印の氷砂糖で親しまれている中日本氷糖だ。

「昔は上白糖などの精製糖も作っていましたが、昭和40年代に撤退して氷砂糖に力を入れるようになったんです」とは、人事を担当している総務経理部の福井大輔氏。

「氷砂糖を手軽にエネルギーが摂取できるお菓子として、親しみがない人に広めていく」のを目標としている中日本氷糖では、現在、営業職を1名募集中とのこと。

「元気のある方がいいですね。社員が100人と少ないので、仕事の垣根を越えて提案を行うなど、潜在能力を生かしてもらいたいです。砂糖という身近な食品を『消費者に広めていくぞ』という意欲のある方がいらっしゃいましたら、ぜひとも応募していただけたらと思います」

◆採用情報 中日本氷糖
職種/総合職
職種/営業職
採用予定/1名
勤務地/名古屋
応募資格/大学・大学院卒業見込み、既卒可
連絡先/メールにてお問い合わせ soumu1@nakahyo.co.jp(総務経理部)
http://www.nakahyo.co.jp

◆会社概要
設立/47年 従業員数/93名 売上高/59億円

― スゴい中小企業への転職ガイド【7】 ―

就職、絶望期―「若者はかわいそう」論の失敗

”氷河期”より深刻な事態が進行している!

ハッシュタグ




おすすめ記事