マイクがコントローラーに!音声でパソコン操作ができる

 音声認識の技術は遂にパソコン操作まで行えるようになった。

「VOICE DEPA」

「VOICE DEPA」 「音声認識でWindowsを効果的にコントロールする」をコンセプトに作られたソフト。マイクをコントローラに変えることを目的としている

 『Voice DEPA』というソフトを使えば、登録したコマンド(“ごみ箱を空にする”“アプリケーション終了”など)によって、音声でパソコンを操作できる。利用する前にマイクでコマンドを読み上げ、自分の声を録音しておく必要があるため、最初は面倒だが、慣れると面白い。WindowsOSにも音声認識オプションが搭載されているが、それに比べると、自分の声を録音することで認識率は高まっている。

進化するほど便利な音声認識技術、今後の発展に期待したい。

◆音声でPCを操作!?


『Voice DEPA』設定画面

ショートカットキーのほうが操作は速いが、キーボードを操作中に声でパソコンの操作ができるのは意外と便利かもしれない


『Voice DEPA』インターフェース

インターフェースはシンプル。→・→・B・Aなどの「コマンド」を音声で入力し、必殺技なども音声で出るようになるというが……

― 声で書く!?音声認識ソフトを試してみた!【3】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事