恋愛・結婚

LINEで浮気がバレた…【LINEトラブルを防ぐ対処法】

 友人、恋人、仕事などさまざまな局面で使用されることが多くなったLINE。便利な反面、その多彩な機能に乗っかった“LINEバカ”によるさまざまなトラブルが多発している。今回、取材したなかでもっとも多く聞こえてきたのは「恋人とのLINEトラブル」だ。

◆彼女といっしょにケータイを見るのはかなり危険!

LINE, 浮気

LINEを身勝手に使いまくる=LINEバカたちの暴挙を特集した!

「LINEにあんな機能があるとは知らなかった」と嘆くのは、都内の会社員・服部昌也さん(仮名・38歳)だ。彼はLINEが原因で彼女と別れるハメになったという。

「僕の携帯で旅行の写メを彼女と一緒に見ていたとき、運悪く浮気相手からLINEが来てしまったんです。ポップアップで、『誕生日は会える?』という文面が出て、顔面蒼白。思わず手が震えました」

 その場はなんとかごまかし、すぐに問題の「トーク」を削除した服部さん。浮気相手に別れを切り出したが、別れ話がこじれたため、やむなくブロックをかけたという。

「これで万全の対策をとったつもりでした。けれど後日、彼女から『浮気してないならLINEの中身を見せて』と言われ、自信満々に差し出したら……。ブロックリストに浮気相手のアカウントがバッチリ残っていたんです。ポップアップが見えたときの名前を覚えていたらしく、『こないだ連絡来たコだよね?』と。そのまま雪崩式に浮気が発覚。ブロックリストからさらに削除しなくちゃいけないなんて、全く知りませんでした」

 メールならば、消去はしたが「ゴミ箱」に残っていたようなものか。ポップアップは便利な反面、こんなリスクもはらんでいるのだ。

◆ポップアップをやめるのではなくて、個別にオフ設定をしましょう

 このトラブルに対して、『これから始めるLINE公式ガイド』の著者であるまつゆう*氏は次のように語る。

「これはポップアップをオフにすればいいように思いがちですが、完全オフにすると女性から『見られたくない内容をやり取りしているのでは?』と、逆に疑われます。そこで対処法は、トークの『個別通知オフ』が正解。見られたくないトークはオフにして、ほかのはむしろポップアップ。これで女性に対し、『健全な内容だよ』とアピールすることもできます。ただ、私は浮気を推奨してはいませんので、あしからず(笑)」

 4/1発売の週刊SPA!に掲載されている『春の[LINEバカ]事件簿』では、上記のようなトラブルを多数紹介。各事件に対し、「既読をつけずにチェックする方法」など、LINEマスターたちによる裏ワザ的“対処法”も伝授している。また、LINEバカ対策として、「LINE偏差値が爆発的に上がる裏テク」も徹底紹介。LINEユーザーなら絶対に読んでおいても損はない! いや、得しかない! <取材・文/週刊SPA!編集部 イラスト/子原こう>

週刊SPA!4/8・15合併号(4/1発売)

表紙の人/乃木坂46

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
これから始めるLINE公式ガイド

気になることや「LINEあるある」を全部解決!




おすすめ記事