R-30

【フェラーリの買い方】一番お得なのは新車登録から30年たったモデル

イタリアが誇るスーパーカー・フェラーリ。1台2000万円以上もするこのクルマは、プロ野球選手やIT社長など”成功者の乗り物”というイメージですが、中古なら庶民でも買えるかも!? 20年で10台のフェラーリを乗り継き、このほど『フェラーリの買い方』を上梓したフェラーリ大乗教教祖のMJ先生に、どサラリーマン編集者のKが、フェラーリの買い方を聞いてみました!

担当K:MJさん、最近出した本で、20年間でフェラーリ10台乗り継いだ収支を公開したらしいですね。

MJ:車両代、税金、保険、駐車場代などや通常の整備費に加えて、マフラー交換や軽微な改造も含めて、たったの約5600万円。激安だよ!

K:激安って、都内に駐車場付きの家が買えるじゃないですか。

MJ:何を言ってるんだよ! 10台もフェラーリを乗り継いで、この金額は相当安いよ。しかも今、乗っている458イタリアを売れば、2300万円ぐらいにはなるはず。ということは実質約3300万円。1台につき330万円、平均すると年間165万円で、この20年間フェラーリ・オーナーなんだから。

初めて買ったフェラーリ、348tb

K:本を読んだところ、20年間で10台もフェラーリを買っているのに、1回も新車のフェラーリを買ってないですね。

MJ:実はオレ、縁あって、これまで10台すべてエノテン(フェラーリ販売店コーナーストーンズ店長)から買ってるんだよ。新車はともかく、中古フェラーリはクルマよりも人で選ぶしかない。

K:コナストのお客さんは、店長を信頼してますもんねー。じゃあ、新車はどうやって買えばいいんですか?

MJ:そもそも新車のフェラーリは買わせていただくものだ。フェラーリ側が買い手を選ぶんだよ。創業者が「常に需要よりも1台少ない台数を作れ」をモットーにしていたように、常に売り手市場の女王様ビジネスなわけ。

K:ボクのような庶民だとディーラーに入ることすら許されないんですか?

MJ:そんなことはない。ディーラーに入店するのは自由。ただ、誰も話しかけてこないだけ(笑)。今回書いた『フェラーリの買い方』で、新車フェラーリの購入方法についていろいろ取材したんだけど、オレも知らないことがたくさんあったよ!

8台目のF355は火を噴いた

K:それにしても20年間で10台乗り継いでますが、1台目の348tbは5年半、5台目の360モデナは4年半乗ってますが、それ以外は1~2年で乗り換えてますね。要するに10年で8台。DVDがバカ売れしたので、すぐに買い替えてたんですか?

MJ:な、何を言ってるんだよ! こんなにたくさん乗り換えられたのはフェラーリの値落ちが小さいからだよ。一般的に量産フェラーリは、新車登録から約20年で値段が半分ぐらいになるけど、そのへんが底値。モデルによっては、そこから値段が上昇するのもある。

K:普通のクルマだと、新車登録から10年もたてば、ほぼ無価値なのに……。

MJ:一番お得なフェラーリの買い方は、生産から30年ぐらいたった中古を狙うこと。モデルによっては値落ちどころか値段が上がるものも。フェラーリは永遠に値段が付くんだよ!

K:でも、さすがに普通のサラリーマンには手が出しづらいんですけど……。

現在所有する458イタリア

MJ:いや、ローンを組めばKでも買えるよ。頭金を300万円ぐらい貯めて、例えば800万円のF355 を月々4万円×120回ローンで買い、ほとんど乗らずに6年ぐらい持てば700万円ぐらいで売れる。ローンを精算しても500万円ぐらい残るから、それを頭金に今度はローンで360モデナとかを買う。つまり、死ぬ気で300万円貯められれば、キミもフェラーリ・オーナーの仲間入り! 値落ちが小さい中古フェラーリを回転させれば、ずっとフェラーリ・オーナーでいられる。 

K:20年たった中古フェラーリは資産価値が目減りしない、30年たった中古フェラーリは資産価値が上昇するものもあるってことですね。この理屈なら奥さんを洗脳できるかな~。 <取材・文/日刊PSA!取材班>

フェラーリの買い方

年収300万円でも手に入る!

ハッシュタグ




おすすめ記事