グラビア

アニコスだけじゃない「コスホリック11」フォトレポート

鈴音さくら、穴子

作品のディスプレイも華やか(鈴音さくら、穴子)

 5月5日、コスプレROMの即売会「コスホリック11」が開催され、初夏の陽気のなか多くの来場者が駆けつけた。会場では、コスプレ写真が入ったROMの販売や、ROM購入者限定の撮影会などが行われた。人気レイヤーには長蛇の列ができ、複数の列によって会場の湿度と熱気は真夏並みに、酸素濃度は高地並みといった状況であった。

 コスプレイヤーはアニメコスプレをはじめ、初夏らしいスクール水着、ミニスカチャイナ、ビキニ、ローブルマといった涼し気なオリジナル衣装で登場。ぱっと見ではJKコスのように見えて、頭に大きな魚の被りモノ、下はローブルマという個性的な衣装を着ていたのは、藤崎ルキノさん。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/638250/ch11b_02

「ある島のご当地キャラをもとにしたオリジナル衣装です。以前、Twitterでそのキャラが話題になっていたのを見て、これやりたい!と思って挑戦してみました。まわりには、『なぜそれをやった?』と不思議がられますが、ちょっとエロくて面白い、そのバランスがいいとこを狙っています」(藤崎ルキノさん)

 ほかにも、人気ゲーム、懐かしのマンガなど、それぞれのレイヤーが個性を活かした衣装で作品をつくり、会場では5時間に渡ってROMの販売、撮影に笑顔で応えていた。

 来場者は、基本的にROM購入時に渡される撮影券と引き換えに、1分程度の個別撮影が可能となる。撮影スタイルは人それぞれで、無言で撮る人もいれば、会話を楽しみながら2、3枚だけ撮るといった人もいた。

 コスプレイヤー、来場者、ともにそれぞれの好みに忠実に、のびのびと楽しんでいる姿が印象的であった。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/638250/ch11b_06

<取材・文・撮影/林健太 撮影/林 佑樹(@necamax)>

ハッシュタグ




おすすめ記事