エンタメ

リアル・ストリート・ロックバンド、THE PRISONERが新宿で暴れる

 現在までシングル3枚、アルバム5枚、コンピレーションにも多数参加、ライブの数は年間約50本にも及ぶタフ&ラフな活動で、9年目の夏を突っ走るパンクロックバンド「THE PRISONER」をご存じだろうか。

⇒【映像・YOU TUBE・曲名“LETTER”】
http://www.youtube.com/watch?v=Px_US36XKsA


 日本各地で爆発寸前のツアーを展開、ブレイク寸前との呼び声も業界内外で高く(「永遠のブレイク寸前か!」とは本人談)、海外でも人気は高騰! 海賊盤も出回っており、海外ツアーやフェスへも招致されているが何故か全て断っている。どうもリーダーの飛行機嫌いが原因らしい。

 7月23日に待望の新作リリースを控え、ノリにノッて爆進中のザ・プリズナーが、新宿ゴールデン街のPunk Bar H.O.Dの10周年記念ライブに花を添える。人種も性別も年齢も関係ないザ・プリズナーのライブに絶対にフィットする企画だ! しかも新宿だ! パンクスもスキンズも、否、そんな大層なもんじゃなくていい。街の不良も労働者も同性愛者も変態も10代でも70代でも何にも気にせず新宿ロフトに来ればいい!必ず彼等がブチ揚げてくれるに決まってるから!

 最後にリーダーの景山潤一郎にコメントを頂いた。

「孤児院飛び出て丁稚奉公を経て、上京後、最初に新宿に根城を構えた。途中2年間、杉並に住むしかなかった期間を除けばずっと新宿だ。ゴメン、カッコつけてるけど今は中野区なんだけど坂上だからさ、新宿ってことで(笑)。おこげに付いて2丁目に流れて、帰りにゴールデン街を覗く十代だった。大久保で遊び疲れて北新宿。家で眠るか、旧ロフトに行くか。あれから20年か……新宿暴動!H.O.D10周年おめでとう!」

 彼らが出演するライブイベント(https://www.facebook.com/events/225531607655432/)では、あのラフィンノーズやロリータ18号なども参戦。この機会にTHE PRISONERの魅力を生で味わうべし!!

<TEXT/加藤由美子>

【THE PRISONER】
2004年に結成。フルアルバム『RATS AND CROWS』(2010年/PX207)、『BELIEVE』(2012年/PX244)、ミニアルバム『START』(2013年/PX263)と作品をリリースし、 全ての作品が最高傑作と内外から評価され、 全国各地に支持者を増殖させ続けるリアル・ストリート・ロック(ストリートパンクだけに限定出来ない)バンド。ライブ・パフォーマンスで見せる凄まじき景山潤一郎の「歌唱力」と「人間力」。そしてメンバー全員の強力な「演奏力」。「体験」、「目撃」してしまった全ての人々の魂を揺さぶる。1年ぶりの新作は7月23日にリリースされるフルアルバム『REBEL TRAIN』。先行シングルCD「METEOR」は絶賛発売中!
●詳細は⇒http://villainyprisonrecords.com/

ハッシュタグ




おすすめ記事