恋愛・結婚

【捨て身の口説きテクニック】ドライブでエンジン故障を自作自演。車中泊に持ち込んで…

「3回目のデートまではSEXに誘うな」「ゆっくり距離を縮めていくのがベスト」etc.王道の口説きでは全然うまくいかない。一方で、捨て身でSEXを懇願する土下座手法で成功した者も。チャレンジャーたちの成功例に学び、SEXをめぐる攻防戦に革命を起こせ!

◆エンジンプラグを抜いてまさかのプチ遭難を演出
(磯谷誠さん/仮名・32歳/ 営業)


カネも時間もかからない[土下座でSEX]革命 夜景スポットとして知られる地元の山にドライブに出かけ、まさかのエンジントラブルを演出。車中泊に持ち込み、みごとSEXまで持ち込んで20歳のキャバ嬢をゲットしたという磯谷さん。一歩間違えれば、朝まで気まずい空気になるリスクもあっただけに用意周到に作戦を進めたという。

「例えば、エンジンがかからないのに誰にも電話しないのは変だし、いくら彼女が車に疎いとはいえ、JAFの存在くらいは知ってるかもしれない。そのへんをツッコまれないように、事前に彼女のケータイ(のキャリア)が圏外になることも一度確認しにいきました。地元の山なので、もともとケータイがつながりにくいのは知っていたけど、念には念を入れましたよ」

 そのうえで後日、いざ彼女と夜景スポットへドライブに。ここからが、この作戦の最大のキモ。

「彼女がトイレに行ったのを見計らって、車のボンネットを開けてプラグコードを引っこ抜きました。これでいくらエンジンキーを回そうとエンジンはかからない。あとは車に戻ってきてから『あれ? エンジンかからない……ヤバい、どうしよう!』と渾身の芝居を打ち、『ごめん……。今日は泊まるしかないかもしれない』と言うだけ。心配は、プラグコードを引っこ抜く瞬間を見られることだけでした」

 確実に泊まれる状況をつくり出すためとはいえ、ここまで手の込んだことをするとは驚きだが、あとはシナリオ通りに進んだとか。

「最初こそ『えー、マジ? 信じらんないんだけど……』と車中泊に拒絶反応を示していた彼女も、そのうち観念しました。『せめて音楽でも……』と言われても『バッテリー上がったら完全にアウトだから、今音楽聴くのはまずい』なんて言って。結局やることもないので、なし崩し的に車中でエッチまでいけました。翌朝、もう一度エンジン修理に挑戦するフリをしてプラグコードを元に戻し、エンジンがかかったときに彼女の笑顔を見たときには少し胸が痛みましたが……(笑)」

 嘘がバレたら一気に信頼を失ってしまいそうな気もするが土地勘のある場所と、抜かりのない下準備、さらにドライブ経験の少ないコが相手だったのも功を奏したといえるだろう。

<こんな女に効く!>
車の知識に疎く、ドライブ経験も少ない押しに弱そうな女性


― カネも時間もかからない[土下座でSEX]革命【2】 ―




おすすめ記事