デジタル

自分の一族が2年の短命…ゲームであろうとすごく切ないRPG『俺の屍を越えてゆけ2』

乙女ゲーマー・編集まいまいの[絶対夢中☆ゲーム]週報


【俺の屍を越えてゆけ2】
PS Vita/ソニー・コンピュータエンタテインメント/初回限定版7800円+税、通常版5800円+税、DL版4800円+税/発売中

俺の屍を越えてゆけ2◆自分の一族が2年の短命。リアルな感情に直面できる

 1999年にPSで発売された『俺の屍を越えてゆけ』(通称、『俺屍』)。15年の時を超えて蘇った世代交代RPGです。覚えている方も多いはず。

 時は平安。惨殺された主人公一族はわずか2年しか生きられない「短命の呪い」と、人との間に子を成せない「種絶の呪い」をかけられた状態で復活します。短い命を次世代に繋げるべく、子孫を残せるのは神との「交神の儀」。これを繰り返し一族は力をつけ、いつの日か呪縛を解くために闘っていくのです。

 今作は、PS Vitaのカメラを使って、プレイヤー自身の顔を撮り込んで、自分と似たキャラクターを初代当主にすることもできます。自分の遺伝子を持ったキャラクターが子となり孫となり、世代を繋いでいくもわずか2年しか生きられないため、死に直面するのはゲームであろうとすごく切なくさせられます。

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=682751

 また、この宿命を背負った一族(プレイヤー)同士で交流できるのが新しく生まれ変わった『俺屍2』です。相手のキャラクターとの間に子を成したり、相手のダンジョンへ赴いたりしながら、攻略を楽しめるゲームになるでしょう。

【俺の屍を越えてゆけ2】
寿命わずか2年という「短命の呪い」を背負った一族が、神との「交神の儀」で子孫を残していき、短い命を繋いで闘っていく

俺の屍を越えてゆけ2

PS Vita TV同梱版(1万9080円+税)も8月まで発売されるのでこちらも要チェックだ

(C)Sony Computer Entertainment Inc.

俺の屍を越えてゆけ2

生きる、死ぬ、託す。

ハッシュタグ




おすすめ記事