エンタメ

漫画家に学ぶ「カワイイ女のコ」の描き方【至高のオカズVol.2】

―[至高のオカズ]―
ネットでエロ動画を漁ってヌく。そんな、作業染みた今のオナニー道に新風を吹き込むべく、中学時代に「自前の落書き」でオナニーしていた僕は、再び筆を取ったのである。 「女のコを可愛く描く」ためのマニュアル本を読んでは描いての繰り返しで、まずまずの上達を果たしたが、どうにも満足のいくものが仕上がらない。悪くはない、でも何かが足りないのだ。(https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=70381) そこで今回は、プロに教えを請うべく、ある漫画家さんのもとを訪ねることにした。 田口ホシノ氏。『少年シリウス』で“ちょいエロ”なラブコメ漫画『まがつき』を連載中の、「可愛い女のコ」を描くエキスパートである。 ちなみにその『まがつき』、疫病神(女)に祟られた男子高生が、意中の幼馴染がいるにも関わらず、疫病神の呪いを解くべく彼女に「奉仕」するといった内容。疫病神、幼馴染、主人公の姉も、みな「ベッピンさん」で、萌えシチュエーションも多数(多彩)。ぜひご覧あれ。 さて、本題に戻ります。 先生! どうすれば女のコを可愛く描けるようになりますか? (ソッと自前のイラストを差し出す)⇒https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=70381 苦笑いを浮かべながらも田口氏は優しくこうおっしゃった。 「悪くはない」 「うん、悪くはないんじゃない?」 「けど……」 「なんていうか……」 「ペラッペラですね(笑)」 薄っぺらってこと!? ……確かに、ご指摘の通り。自分でも感じていた「何かが足りない」の「何か」は、この「実在感」だったのだ。 田口氏曰く、一番の改善点は「立体的にすること」だとか。例えば「真正面からではなく、斜めからだったり下からあおり気味にしてみる」とか「体を“円柱”として捕らえる」とか「床に接地していたら、その部分(お尻etc.)をつぶして柔らかさを出す」とか「強調したい部分を強調する」とか「服の皺で立体的に見せる」などなど。さらに、お忙しい中、「お手本」として僕のイラストの「田口ホシノ版」を描いてくださいました! 「私も最初は、とにかく人のイラストを見て、マネて勉強しました。人のマネが上達の第一歩だと思います。そうすれば、きっと、ペラッペラじゃなくなりますよ(笑)」 目指せ! 脱・ペラッペラ!! ★次回予告「エロ漫画の効果音を学ぶ」の巻 【田口ホシノ】 第2回シリウス新人賞出身。 DESIRE(2007年6月号)、ミリオンフェイス(2008年9月号)、てん(2008年11月号)と3本の読み切りを経て、2011年4月号より『まがつき』を連載開始。 http://taguchihoshino.blog33.fc2.com/ 取材・文/トモゾー
―[至高のオカズ]―
まがつき(1)

恐怖と苦悩に健全な男子の精神と体力は耐えきれるのか!?

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事