グラビア

今年も気温40度超えを記録! 猛暑のコミケ86美女レイヤー画像集【3日目】

北見えり

エントランスプラザにて「気温は40.5度、湿度42%、不快指数89.9」を記録(撮影協力:北見えり)

 8月17日、3日間にわたり開催された「コミックマーケット86」が閉幕した。今回の来場者は55万人(1日目17万人、2日目17万人、3日目21万人)。来場者数の計算方法が変更となり、以前よりも低めの数字が出るようになったにもかかわらず、3日目は21万人となっている点には驚きだ。気温・湿度は、昨年と比べるとやや控えめな3日間となった。たしかに、体感では昨年よりマシな気はしたが、実際どうだったのだろうか? 3日目の正午から午後3時の間、各コスプレエリアで美女レイヤーを撮影しつつ、手元の気温・湿度計の数字を確認してみた。

 最高気温を記録したのは、大型のスクリーンのあるエントランスプラザの気温40.5度、湿度42%、不快指数89.9。終日くもりの1日だったが、雲の切れ間から照りつける日差しは強く、風が弱まった時間帯には、気温が急激に上昇していた。終日ほどよい風が吹いていたものの、晴れ間だけは急激に体力を削られてしまった。

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=699234

 昨年最も暑かった西屋上展示場コスプレエリアは、気温37.5度、湿度43%、不快指数86.5と控えめな数値に(昨年夏は気温42.2度、湿度41%、不快指数91.7)。

 この数値を“控え目”と言ってしまうのは間違いかもしれないが、それだけ昨年が暴力的な暑さだったのだ。エリア内に通路が確保されるなど、運営上の工夫も快適さに影響があったのかもしれない。エリア中央部でも風通しのよさを感じた。

 3日間、同じ時間帯に計測した庭園エリアの変化は以下のようになった。

1日目 37.1度/57%/89.1
2日目 31.1度/79%/84.5
3日目 36.4度/48%/86.2

 雨が降った2日目の湿度は高くなっているが、3日間とおして最も混雑度の高いエリアだけに、参加者の体力を削ったことは間違いないだろう。不快指数85以上は「猛烈な暑さで、屋外にいられない」というレベルなので、辛いことには変わりない。

 3日間をとおして計測した結果、あらためて夏のコミケの過酷さを感じた。そんな環境下で快く撮影にご協力いただいたコスプレイヤーのみなさん。ありがとうございました。そして、参加者、準備会ほかビッグサイトに訪れたすべてのみなさま、夏コミバテにはくれぐれもお気をつけを!

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=699238

<取材・文・撮影/林健太 撮影/西田周平>

ハッシュタグ




おすすめ記事