デジタル

iPhone修理は非正規業者でも問題ないのか?

 普及率30%を超えたスマートフォン。16年には80%を超えると予想されているが、なかでもシェア率トップを走っているのがiPhone。動画、ゲーム、ちょっとした調べものにと使い方は人それぞれであるが、ガラスのヒビ割れやバッテリーの経年劣化など、故障トラブルを耳にすることも増えてきた。

 保証期限の切れた有償修理、正規の手段ではAppleストアに持っていくのが唯一の手段。近くにストアのない地方であればiPhone本体を送る必要があり、1週間近くかかってしまう。「携帯電話は現代人の必需品。1週間も手放すなんて考えられない」と故障を機に機種変更をする人も多く、コストはかさむ一方だ。

iPhone修理 ところが、ネット上で「iPhone 修理」などと検索すると、非正規の修理業者がワラワラと出てくる。どこも正規修理にはない「安さ」と「早さ」をウリにしているが、品質、技術的に問題はないのだろうか。全国でiPhone修理・買取サービスを18店鋪展開し、さらに渋谷、大阪、兵庫のTSUTAYA3店舗でもiPhone修理の専門店を展開する「RADIOBOOK」の板垣雄吾氏に話を聞いてみた。場所は、渋谷のスクランブル交差点にあるTSUTAYA横の店舗だ。

――Appleストアの正規修理よりも安く、早いということですが、品質に問題はないですか。

板垣:修理部品などの修理パーツなどに関しては品質がAランクのみのOEM部品(コピー品)か純正品を使用しています(純正品に関しては本部でiPhoneの買取サービスも行ってるので、中古iPhoneを部品取りして再利用)。修理技術に関しては、やはり精密機械を扱うので、20時間近くの受講をクリアした方のみが修理をできるライセンス制を採用しています。

――修理の依頼で一番多いのは何ですか?

板垣:圧倒的にガラス割れが多いです。別にiPhoneで使用しているガラスがほかのスマートフォンより強度が弱いというわけではなく、単純にシェアが高いのでほかの機種よりも目立っている程度ですね。あとはバッテリーの交換ですね。1000回ほど充電を繰り返すと、交換しないとほとんど電池がもたないって状況になりますから。

また、Appleストアではデータのバックアップを行っていません。弊社であればデータはそのままで修理できます。単純にバックアップの仕方がわからないという人が多いんです。特にwindowsユーザーはデータのバックアップを取っていない方が多く、そちらのニーズもあります。

 試しに記者が使用しているiPhone4(バッテリーが弱く、背面のガラスにヒビ割れ)を渋谷の店舗で修理してもらうことに。スタッフさんが手際よく作業を進め、なんと10分程度で全作業が完了!

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=709269

 ちょっとした合間の時間に、そろそろ機種変しようと思っていたiPhone4が生まれ変わったのだ。Appleストアなら2万円以上かかる料金も6千円ちょい。状態、機種によって値段は前後するが、事前に見積もりを出してくれるので安心。いいことづくめに見えるが、正規業者を通さず修理したデメリットってコンプライアンス的にあるんじゃ……。

板垣:電波法の一部を改正する法律が交付され、2015年4月から施行されます。具体的には「第三者による携帯電話端末の修理」に関する改正ですね。もともと修理自体は違法ではないのですが、総務大臣の登録を受ければ、優良修理業者として認可されます。ウチに限らず、どの業者さんも競争が過熱していくと思いますよ。

 修理のコストと時間を抑えられれば、ユーザーにとっては嬉しい競争だ。 <取材・文/日刊SPA!取材班>




おすすめ記事