雑学

居酒屋より安くてうまい!「コンビニ呑み」が話題

ここ数年、自社製品のPB(プライベートブランド)商品の拡充で大幅な進歩を遂げたコンビニ。バリエーション豊富な酒類やさまざまな味の総菜は価格、鮮度、品揃えにおいて他の追随を許さない。そこで話題なのが、ほんの少しの工夫で贅沢な気分が味わえる「コンビニ呑み」だ。もはやこれは居酒屋を超えた!

◆居酒屋より安くてうまい!

せんべろ 便利だけど、品質や値段はいまいち……。そんなイメージの強かったコンビニだが、昨今、つまみとお酒をまとめて買って自宅で呑む「コンビニ呑み」が話題なのをご存じだろうか。堀江貴文氏も「激安居酒屋よりも断然うまい。どんなカクテルでも作れるくらい飲料類も充実」「コンビニ居酒屋ができたら激安居酒屋も瞬殺な気がする」などとブログでコメント。ネット上では賛同の声が溢れたほどだ。

「PBのレトルトや総菜の味は図抜けていますし、豊富な資本を生かした商品開発力は、居酒屋チェーンでも太刀打ちできません。コンビニの進化はすさまじいですよ」

 そう人気の秘訣を分析するのは、業界事情に詳しい“コンビニ大王”として知られる竹内稔氏だ。

竹内稔氏

竹内稔氏

「こうした呑みが広まった理由のひとつは“コンビニ=高い”の印象が薄らいだから。この契機となったのがPBの導入なんです」

 PBをうまく使えば、1000円でべろべろにもなれるのだ。また、さまざまな酒の魅力を日々PRする児島麻理子氏はこう語る。

「コンビニのPB飲料や果物を合わせれば簡単に本格的なカクテルが作れます。自宅でバー並みのクオリティかつ多種多様なお酒を味わうことも十分可能です」

 さらに、コンビニはつまみとしての食材も充実している。

「値段も品揃えもスーパーに負けていません。コンビニ舐めんなって言いたいくらい。食材を組み合わせれば、そのへんの居酒屋より安くてうまい逸品が男性でも簡単に作れちゃいますからね」

 とは、料理芸人のクック井上。氏。味の面でもコンビニの商品は常に更新されているのだ。

 あらゆる面において急成長を遂げたコンビニ。おいしい酒と絶品料理が味わえる至高の晩酌をその舌で体感してほしい。

⇒【次回】定番のおでん、PB酒、お総菜にハズレなし!「セブン-イレブン編」に続く http://nikkan-spa.jp/725245

【竹内稔氏】
コンビニ評論家。愛称は業界のオモテとウラを知り尽くした“コンビニ大王”。著書に『コンビニのレジから見た日本人』(商業界)など

【児島麻理子氏】
洋酒メーカー勤務。ラムからジン、テキーラまで洋酒を中心に精通。数々のお酒のイベントを取り仕切る敏腕PRとしても活躍している

【クック井上。氏】
お笑いコンビ、ツインクルのツッコミ担当。DVD『あいつの料理はテキトーに4、5分でザックリ作ってるのに、かなり美味い。』が発売中

― せんべろ[コンビニ呑み]大研究【1】 ―

コンビニのレジから見た日本人

“コンビニ大王”が見たコンビニの世界


あいつの料理はテキトーに4、5分でザックリ作ってるのに、かなり美味い。

ハズレなしレシピオンリーの“男の料理”DVD




おすすめ記事