ライフ

「100歳まで歩ける」エクササイズ本がバカ売れ 一人2冊購入するワケとは?

100歳まで歩ける!クノンボールエクササイズ

著者は「長寿のカリスマ」接骨院長。運動具の「クノンボール」付きで1890円

お年寄りのメッカ・巣鴨では、どんな本が売れているのか? 巣鴨にある書店・文川堂に問い合わせると、開口一番「あるのよ、なぜか売れてるのが!!」。「100歳まで歩ける」ってのが売りの運動法を紹介した本だとか。 「春くらいに出版社の人が営業に来て、試しに置いたんだけど初めは売れなかったのよ。それがこの2か月でなぜか飛ぶように売れて、今は在庫切れで再発注してます」  やっぱ、とげぬき地蔵にお参りに来たお年寄りが買ってくの? 「それがお年寄りの子供世代が『親の健康のために』と買っていくのよ。地震の影響なのか、いざというときに足腰が丈夫じゃなきゃと思うのかしら。ただ、どういう運動かわからないから、まず自分で試すみたい。で、気に入って親の分をもう一冊買うの」 それで売り上げ2倍とはめでたしめでたし。 【巣鴨 文川堂の売れ筋ランキング】 1位:『下町ロケット』(池井戸潤/小学館) 2位:『老いの才覚』(曽野綾子/ベスト新書) 3位:『100歳まで歩ける!クノンボールエクササイズ』(久野信彦/自由国民社) ※1位は全国的ベストセラーだが、2位が『老いの才覚』ってのも巣鴨らしいランキング ― [意外な(局地的)ベストセラー本]大調査【7】 ―
下町ロケット

「その特許がなければロケットは飛ばない――。 大田区の町工場が取得した最先端特許をめぐる、中小企業vs大企業の熱い戦い!

Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事