エンタメ

美しすぎるサンボ女王が来日!世界サンボ選手権が開幕

◆そもそも「サンボ」とは?

「美しすぎる○○」ムーブメントに、ロシアが誇る「サンボ」界から新たな美女が参戦! と語る前に「サンボ」自体なんのこっちゃかもしれないが、柔道・柔術をベースに発展した旧ソ連生まれの格闘術のこと。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=751742

美しすぎるサンボ女王が来日!世界サンボ選手権が開幕 ロシアの国技・護身術として学校教育の場や軍・警察でも採用されており、秘密警察KGB出身で国際サンボ連盟(FIAS)名誉会長のプーチン大統領や、総合格闘技界(MMA)で“人類最強の男”と謳われたエメリヤーエンコ・ヒョードルのバックボーンとしても知られる。

 日本において「サンボ」といえば某バンド名が浮かぶところだが、実際その由来にもなったのが、1990年代の格闘技界で異彩を放った前田日明率いる「RINGS(リングス)」で活躍したロシア選手勢。総帥ヴォルク・ハンを始めとする彼らの魔法のような投げ技と関節技の数々は、当時のプロレス・格闘技ファンを唸らせると同時に「サンボ」の名を広め、その盛り上がりを受けた96年には、日本で初めてサンボ世界選手権開催が実現した。

激しい技の応酬

 近年では道着、短パンにシューズという柔道とアマレスを混ぜたような公式の試合着で行われ、ルールもザックリいうと、柔道ルールに関節技による一本を加えたような形だ(厳密には細かい相違がある)。これが一般的な「スポーツサンボ」で、さらに“打撃・チョーク絞めアリ”のほぼMMA競技といっていい「コンバットサンボ」(ヘッドギア、指抜きグローブ、脛当てを着用)に大別される。

◆社交ダンスに反発しサンボを始めた”美しすぎる”サンビスト

モデル顔負けのマリア・モルチャノヴァさん

モデル顔負けのマリア・モルチャノヴァさん

 そんなロシアの国技から満を持して登場した“美しすぎるサンビスト(サンボ選手)”がマリア・モルチャノヴァさん、26歳。

 ロシアの男性誌のグラビアを飾った際にはモデル顔負けの美貌を披露している。

※FIASによるBGMが何故か勇ましいメイキング動画:http://youtu.be/Spq4k5z6XhY

 シャープな面差しで、まさにモデル系マリアさん。彼女がサンボにのめり込んだのは社交ダンスを押し付ける母親に対する反発からだったそうだが、サンボによって経済的な豊かさや友人など多くのものを得たそう。さらに自身の美貌も「サンボによるもの」と自負しており「他の女性たちがフィットネスクラブに通うのと変わらない」と。世界選手権を2回、ロシア選手権でも3回優勝経験アリのリアル才色兼備とあっては、誰も反論出来るはずがない。

◆ヒョードルも来場予定。2014年世界サンボ出場のため、まもなく来日

 そしてこの“美しすぎる世界最強のサンボマスター”マリアさん、折しも11/21(金)から23(日)にかけて千葉県・成田市の中台運動公園体育館で開催される「2014年世界サンボ選手権大会」のスポーツサンボ競技に出場予定なのである!

 本大会にはヒョードルも親善大使として来場予定で、約70カ国から総勢600名近いサンビストが集結する中、多くの日本人選手も出場。“最強のオタクファイター”としてアマレスを中心に多くの格闘技種目で活躍する岡倫之選手(ブシロード所属)がスポーツ部門100kg超級にエントリーしている。そして、これだけ大きな大会ながら、入場・観戦は無料。開催期間中は、千葉県内で話題のキッチンカーも多数出店する。

 華麗な投げと関節技によるスポーツ部門に、MMA同然のハードなコンバット部門と、競技自体も面白そう。美しすぎるマリアさんの戦う姿をぜひ見ていただきたい。

●詳細は関連サイトへ
2014年世界サンボ選手権大会公式サイト:
http://www.japan-sambo.com/narita2014/
2014年世界サンボ選手権大会公式Facebookページ:
https://www.facebook.com/JapanSambo

<取材・文/ナノ・アソシーエション 写真/FIAS>

ハッシュタグ




おすすめ記事