雑学

洋画は「字幕か? 吹き替えか?」論争に終止符。映画批評家が回答

音楽は「ネットでダウンロード」が優勢だったが、最近になってアナログの良さが再評価され、レコードの生産・販売数が増えているという。ならばと世の対極にあるものをサラリーマンにお得な目線で比較してみた!

◆どっちが通か?面白いのか?<字幕映画 vs 吹き替え映画>

映画 映画好きなら一度は巻き込まれる「洋画を見るなら字幕か? 吹き替えか?」という論争。

 映画通ほど字幕にこだわるイメージがあるが、映画批評家の前田有一氏は、意外にも「総合的には吹き替えのほうが優れている」ときっぱり。

「字幕は一度に表示できる文字数に限りがあり、台詞にかなりの省略や意訳が必要。翻訳がオリジナルのニュアンスとかけ離れてしまうことも多く、複雑なストーリーや情報量の多い映画を一度で理解したいなら、吹き替えのほうがおすすめです」と語る。

 特に、細部まで映像にこだわった大作ファンタジーや、ディズニーやピクサーのCGアニメ、理解の難しい社会派ドキュメンタリーなどは、字幕だと目の情報処理が追いつかなくなるので、吹き替えが向いているのだとか。

 逆に、オリジナルの魅力が大きく損なわれてしまうミュージカル映画や、会話の間やニュアンスが大切なアメリカンコメディは字幕向き。俳優によって吹き替えの向き・不向きの問題もある。

「サンドラ・ブロックやジョージ・クルーニーなど、声に特徴や魅力のある俳優は、吹き替えだと台無しになることも。また、同じ所ジョージでも『ザ・シンプソンズ』は不評でしたが、『トイ・ストーリー』のバズはハマリ役だったように、適性も大事なんです」

 気軽に一度だけ見るなら吹き替え、ジャンルや俳優によっては字幕という選択がベストのようだ。

― [どっちが得か?]16本勝負【9】 ―




おすすめ記事