R-30

「気持ちを落ち込ませて食欲減退ダイエット」に挑戦

メタボライターが巷のギャルたちが実践しているダイエットに1週間挑戦してみた!

◆ひたすら気持ちを落ち込ませる

メタボライター

大盛りとおかわりを愛すメタボライター。気持ちを落ち込ませて食欲を減退させるダイエットに挑む

 軽い気持ちで彼女にダイエットに挑戦することを伝えると、「0.1豚(トン)のアンタには無理!」との強烈な一言を浴びせられる(体重が100kg以上あるので、彼女に言われる悪口)。さらに、再三言われたのに僕が痩せようとせず、逆に太ったことを説教され、「本当に痩せられるように食ったものをメールしろ」と強要される結果に。やぶ蛇だったが、図らずもテンションが大幅ダウン。「いよいよフラれる!?」という恐怖心も手伝い、大好きな間食を控え、食事もサラダだけのヘルシーなものになりました。

 2日目。さらに気持ちを落ち込ませようと、切なくなる内容のドラマや映画、鬱になる音楽を視聴しまくってみた。昨日のことを引きずっていたこともあり、食事は無理せず我慢できた。

 3~4日目ともなると、落ち込むことに慣れてきたのか、食欲のほうが勝るように。差し入れのメロンパンを前に気持ちが揺らぐも、誘惑に打ち勝つことに成功。おやつを一切食べずに譲るという、デブには貴重な体験もした。

 5日目。外回りの仕事で運動したことで、「ちょっとくらいいいか」と油断し、遅めの夕食に鶏の空揚げ定食を注文。すると彼女から、「夜にそんなもの食べていいと思ってる?」とだけ書かれたメールが送られてくる。謝罪のメールを送るも返事なし。電話も通じず、モヤモヤした気持ちに……。

 6~7日目には、食事の量が少なくなったことで胃が小さくなり、あまり食欲がわかなくなってしまう。しかし、自分ひとりで落ち込んだ状態を維持するのはしんどく、やはり彼女からの圧力が大きかったなぁ。そう実感しつつ計測すると、体重はなんと2kgも減っている 僕もギャルのように繊細だったってことなんですかね?

結果:-2.2kg
103.2kg→101kg
長い時間、落ち込んでいられる人にピッタリ!?


― ギャル直伝の[仰天ダイエット]の実力【6】 ―




おすすめ記事