雑学

値上がり続けるバターを「おいしく増量」してみた

 国内生産量が低下した結果、過去5年間で約15%も価格が上昇したバター。ならば、味を損なわずにバター自体を増やす方法はないか? 服部栄養専門学校食品加工室の椎橋講師に聞いた。

「バターはホイップすれば、体積を増やせます。塩味は減りますがバターの香りが立つので、少量でも味わいを感じる。また柔らかくしたバターに植物系油脂を添加してかき混ぜ、バターの力で乳化させれば、実質的に量を増やせます。こちらはバターの風味や塩味は、かなり減るかもしれませんが」

バター

バターフレーバーオイルは業務用品のため一般小売ではなく、製菓材専門店で取り寄せ。ネット通販は送料分高くつくので注意

 早速、実践してみた。第一案のホイップはとにかくボウルの中のバター(500円/200g)をホイップしまくる力勝負。30分ほど頑張ると、見事に体積は1.8倍ほどになった。

 続いて第二案では、風味を減らさないために業務用調理油の「バターフレーバーオイル」を使用。バター1:オイル2の割合で混ぜ合わせ食塩で調整しつつ、ホイップすること10分。クリーム状のバターが出来上がった。こちらは2倍近い量ができ、450gあたり約76円安い(約8%引き)計算だ。

 いずれも冷蔵庫で冷やせばマーガリン程度の硬さにはなる。これをパンとスクランブルエッグに使用し、ブラインドテストを編集部で行った。すると「本バターよりも第二案のフレーバーオイルバターが香りも味わいもおいしい」という結果に。

 試しにオリーブオイルを使用した増量バターを作ったが、こちらは油臭くてマズい。バターフレーバーオイルのおかげというわけだ。増量でき、かつおいしくなるなら、オイルにもぜひこだわるべし!

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=807148

バター

ホイップバターは柔らかいためパンに塗りやすく、本バターより香りが立ってあっさりした印象。加熱調理には向かない。また、オイルを足したバターは味も香りも◎だ

― 迫りくる[インフレ地獄]の歩き方【3】 ―




おすすめ記事