恋愛・結婚

妻が不倫してるかも…急に「仕事が忙しくなった」と言いだしたら危険信号

◆仕事が忙しくなった妻とのセックスレスの原因は不倫?

●児島雅也さん(仮名・37歳)デザイン<セカンド童貞歴3年>

妻の仕事が急に忙しくなり、セックスレスなったら…不倫している可能性あり パートナーの女性がいても相手から拒否される人も多いはず。結婚15年目の児島雅也さんは、10年前から嫁とのセックスの頻度が徐々に減少。月1回→3か月に1回→半年に1回となり、3年前を最後に夫婦の営みは一切行われていないとか。

「自分たちは若くして結婚したため、セックスレスになる時期も早かった。最初はその程度に思っていました。でも、後々考えてみると、その頃から急に嫁の仕事が忙しくなって、残業で帰宅が深夜になるのはもちろん、泊まりがけの出張が入るようになったんです」

 たまに2人が早く帰ってきた日に誘ってみても「ゴメン、今日は疲れているから」と嫁はスルー。それが何度も続き、さすがに諦めてしまったそうだ。

 しかも、2年前に引っ越してからは「家でも仕事がしたいから」と嫁の提案で、夫婦の寝室が別々に。それから顔を合わせる機会は食事のときなどに限られ、気がつけば夫婦の会話が激減していた。

「そうした嫁の態度の変化に鈍感な僕も気づきましたが、こっちも会社で大きなプロジェクトを担当していたこともあり、嫁とはそのまま冷めた関係のままです」

 とはいえ、児島さんはまだ37歳で性欲だってあるはず。

「昼間は外回りが多いため、合間を見つけてビデオボックスでヌイてます。週1~2回は通っているかな。よく行くところは1時間550円で安いし、それなら月の小遣いの範囲で十分足りますから」

 嫁に相手にされず、それでも夫婦として続けているのは、高校生と中学生の2人の子供のため。そのせいか酒が入ると妻への愚痴がついつい出てしまうという。

「ただ、愚痴を聞いてくれた弁護士の友人には、『仕事でいろんなケースを見てきたけど、お前の奥さん、不倫の可能性が高いぞ』って言われました。『不倫を始めると急に仕事が忙しくなり、旦那とセックスレスになる妻が多い』って。やっぱりそうなのかなって思いますが証拠もまだないですし、不倫じゃないと信じたいって気持ちもあります。セックスレスの原因がこれじゃあまりにツラいですから」

― SEX格差が拡大中!セカンド童貞の悲劇【5】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事