R-30

下半身の不全から始まる「男の更年期障害」

何だか体調が優れない、やる気が出ない、シモの元気もない。それは男性更年期障害(LOH症候群)の可能性あり。ホルモンバランスの崩れによる更年期障害は、女性のみならず男性にもあることが近年明らかになっている。

◆最初は男性器の不全から始まった

●M・Aさん(50歳・出版)
●発症時:47歳頃/症状:全く勃たない

男の更年期障害 自分も年かと半ば諦めていたらだんだん元気もなくなり、部下から「調子悪そうですね」と声を掛けられることが多くなってきた。

 ビタミン剤でも点滴してもらおうと近所の大学病院に行くと「更年期障害」と診断され驚いた。漢方を勧めている病院だったので「加味逍遥散エキス」を処方された。

 それから約3年、なかなか治らず、精神に病魔が絡みついたような感じ。

<医師の解説・テストステロン値>

◆薬指が長いほど、男性的! だが更年期にもなりやすい

「男性の精力・性欲は、テストステロンの値とともに20代半ば頃から緩やかに減少を始めます」(渋谷駅前クリニック院長の木下隆央氏)

 テストステロン値の生まれつきの高さは「薬指の長さ」で実はわかる。

「胎児の時期に大量のテストステロンを浴びた人は、薬指が長くなることがわかっています。そのため薬指が長い人ほどテストステロン値が高く男性的で、逆に女性的な男性は、人さし指が長い傾向が見られます」(田中病院院長・田中優子氏)

 なおテストステロンの値が高い人ほど、いちど男性更年期障害となればその落ち込みは激しいそう。“能力”の高さはリスクの高さともいえる。

【田中優子氏】
長期療養型病床「田中病院」院長。1952年生まれ、名古屋市出身。愛知医科大学卒業後、名古屋大学皮膚科に入局。研修後、名古屋第一日赤病院に赴任。結婚のため三重県に移住。長期療養型病床「田中病院」に皮膚科を新設。公益社団法人・日本女医会理事、日本医療福祉学会の評議員を務める。著書に『女医が教える老化を止める美肌術』(扶桑社刊)がある。www.tanaka-byoin.jp

― 40代以上を襲う[男性更年期]が危険すぎる! ―

女医が教える老化を止める美肌術

60歳 驚異の美肌 整形手術なし




おすすめ記事