「円高=悪」のウソ 韓国がウォン安を回避しなければいけないワケ【後編】

◆マネーな人々 今週の銭格言
【選者】現役金融マン ぐっちーさん

◆ある大学の講義で出したテスト問題。あなたは答えることができましたか?
←問題はこちら

さて、答え。1ですが、世の中価値がないものにお金が集まるはずがないので、「円を発行している日本政府に比類なき価値がある」と考える以外に合理的な答えがないのです。つまり金利なんかゼロでも日本にはそれだけ価値がありますよ、お金を円で持っていても安全ですよ、という証し。今回破産しかけているギリシャ(通貨はユーロ)、アルゼンチン、ロシアがどうなったかを見ればわかりますよね。日経、あほです(笑)。

2はどうですかね。韓国の輸出依存度は50%超ですが、日本はわずか15%程度。G20で最も低い米国並みです。つまり通貨安になったときの輸出価格の下落によるドライブ効果は日本より遥かに大きいかもしれない。ならウォン安のままにすればいいのに、ということなのですが、外貨準備高が3000億ドルある一方で対外債務が4000億ドルある韓国の場合、これ以上ウォンが安くなると借金が返せなくなる恐れがあります。返せなくなれば、ギリシャと同じ運命を辿り、世界中から何一つ買えなくなり、北朝鮮と同じ国に……そりゃ防衛するしかないですよ。ここから得られる教訓:だから日本はすごいんですよ、皆さん。

【今週の数字】
日韓スワップライン
5兆3900億円
欧州金融不安を受けたウォン安回避に向け、日韓両首脳は、通貨危機の際に外貨を融通しあう日韓通貨スワップの枠を現行の130億ドル(約1兆円)から700億ドル(約5.4兆円)に拡充することで合意した

ウォン安の韓国と、円高の日本。輸出関連業にマイナスだからと円高を阻止しようとする日本と、輸出国・韓国の通貨政策は真逆だ

図版/ミューズグラフィック




おすすめ記事