カーライフ

Dカップなのに武闘派。それが新型ステップワゴンの正体なり

フェラーリのようにカッコイイクルマに憧れてしまうのは、佐々木希に憧れるのと一緒。男として非常に健全であります。しかしながら、それらを手に入れたいと思いつつも、人生どこかで折り合いをつけているのが現実です。ぜいたくは言いません。「隣の課のDカップ」と確実に付き合いたい。そんなクルマの折り合い地点が新型ステップワゴンなのですが、“クルマは道具”と割り切るなら、実は最高の1台でした

伊達軍曹=文 Text by Sergeant Date
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

ステップワゴン

リアデザインは観音開きのカングー(写真右)にも負けていません。先代ステップワゴンを約1年前に新車で買った実弟が、待てばよかったと嘆いておりました。残念!(担当K)

◆手が届きそうな隣の課のDカップ。新型ステップワゴンは道具として最高!

 5代目の「新型ステップワゴン」はほんとイイですよ! 何がイイって、まずは走り。試乗会ではホンダの武闘派エンジニア氏が真顔で「サーキット走らせればフィットRSより速いですよ」と言ってました。

 そもそもサーキットでステップワゴンを走らせる意味があるかどうかは不明ですが、エンジニア氏が言ってることは非常によくわかる。不肖ワタクシ、今まで最強ミニバンはマツダのプレマシーだと思ってましたが、新型ステップワゴンはさらに気持ちイイ。

ステップワゴン

エンジンを小型化するなどメカスペースを縮小して室内空間を拡大。3列目シートと運転席の会話が普通にできるくらい走行中の室内は静か。3列目は「わくわくゲート」からの出入りが楽です。228万8000円~(「わくわくゲート」搭載車は248万円~)

 ボディ形状ゆえさすがに横風には弱いけど、風さえなければ高速道路も峠道もほぼ無敵というか超絶快適。道具グルマであっても、いや道具グルマだからこそ、ある程度走りが良くないとダメなんですよ。なぜならば、走りがイマイチなクルマだと、釣り道具とかを活躍させる現場に行き着くまでに疲れちゃうから。

 そして外観デザインや内装の作りもなかなかイイ。まあフロントまわりの造形は正直ちょっと凡庸な気もしますが、リアの「わくわくゲート」がもたらした左右非対称デザインは、かなりオシャレ。カングーの「観音開きな左右非対称リアゲート」の超絶オシャレっぷりに肉薄してる……と言ったら、おフランス車フリークから袋叩きにされるでしょうか?

 それはさておき、新型ステップワゴンのリアまわりのデザインは、国産道具グルマとしては快挙であります。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=865904

 道具グルマ愛好家としては、3列目シートなんて邪魔くさいだけで、釣り道具などを積むためにたたんでおきたいわけですが、新型ステップワゴンのサードシートのたたみやすさはちょっと異常。まるで手品を見ているようです。このクルマ、ほんとイイですよ、道具として!

【結論】
S660みたいな華はないけど、使い勝手良好で走りもイケてて、お金もかからず、スタイルもまあまあ。これぞ理想のDカップ!佐々木希のお相手はスーパーマンに任せ、我々は隣の課のDカップでいきましょう!




おすすめ記事