雑学

「男のヒゲのデザインは女性のメイクと同じ」モテヒゲを作るテクニック講座

あるべき場所に毛がなくても、なくてもいい場所に生やしていても、どこかカッコいい人と、そうでない人とは何が違うのか? 「顔が違う」――のは致し方ないとして……ちょっとした角度や見せ方、手入れの工夫で、イケメン風の雰囲気が醸し出せる、かもしれない!?

◆ナチュラルメイク風のモテヒゲを立体感と清潔感の演出で作る

シェーバー モテヒゲの特徴は細部のデザインにこそ気を配ること。ヒゲデザインの第一人者である理容師の藤井実氏は、「男のヒゲのデザインは女性のメイクと同じ」と語る。

「男が好きな“女性のナチュラルメイク”は、自然な感じに見えるように細部まで作り込まれたものです。同じように女性も“自然に見えるヒゲ”が好きなので、その自然さを演出できているのがモテるヒゲの特徴です」

 自然なヒゲを作るうえでカギになるのが「立体感の演出」だ。

「彫りの浅い日本人が普通にヒゲを生やすと、顔の上に海苔がのったようで不自然になりがちなので、高さにグラデーションをつけて凹凸を作るとよい。またアゴ骨のラインのヒゲなどは、トリマーをジグザグに入れてラインを肌に馴染ませること。女性がチークをぼかすのと同じ原理です」

 初心者向けの鉄則はまだある。

「アゴ骨から下のヒゲをキレイに剃り落とし、口ヒゲを口角から斜め45度に剃り上げると、すっきりした印象を保てます。また口ヒゲは難易度が高いので、伸ばし始めるならアゴから先に」

 モテるヒゲを作るコツはまだまだある。最短でそれを習得したい人は、藤井氏の理容室でヒゲデザインの施術を受けるのも手だ。

●口角から45度で口ヒゲはカット
口角(口の端)より下までヒゲが伸びていると、食べ物がそこにつきやすいですし、ニヤけた感じの印象になります。メリハリをつけるために、口角から45度を境に剃り落としましょう。

●ジグザグに剃り頬に馴染ませる
アゴの骨の部分にヒゲのラインを作るとき、そのまま一直線に残すと不自然に浮いた印象に。トリマーをジグザグに入れていくと、ヒゲが頬に馴染んでいくので、自然な仕上がりになります。

●アゴ骨より下はすべて剃る
首にまばらに残ったヒゲは印象が悪く、顔が大きく見えることも。逆にそこを深剃りしておくと、アゴ骨の部分に上方向に向かうヒゲの境界線が作られて、小顔効果とリフトアップ効果があります。

【藤井実氏】
理容師。川越の理容室FUJIIの店主。同店と青山のFREEMANS SPORTING CLUBの理容室でヒゲデザインの施術を行う(ともに要予約)

― モテる[ハゲ&ヒゲ]を徹底検証する ―




おすすめ記事