デジタル

LINUXベースの無償OS「Ubuntu」は、今後もしぶとく生き残り続ける!?

ここ何年も変わり映えしなかったデジタル勢力図に、にわかに異変が起きている。「Windows10」の登場でどうなる!? ◆Ubuntu<OS> Ubuntu LINUXベースの無償OSとして注目を浴びた「Ubuntu」(ズールー語で「思いやり」の意)が登場したのは’04年のこと。当時は安い!軽い!と、もてはやされたものだが、その後あまり名前を聞かないような……。今はどうなっているのか? 「昔からプログラムを組んだりしている人に好まれていますが、遊び用や検証用に使うくらいで、メインマシンに入れている人は滅多に見ませんね。企業でシステムを扱うようなコアユーザーが余興として使う以外、あまり話題になることもない。  ただ、2万~3万円で買えるOSなしパソコンに入れるといった地味な需要は、今でも根強くあるようです」(ITライターの古田雄介氏)  ニッチの粋を出ないまま、今後もしぶとく生き残り続けるだろう。 Ubuntu<将来性△> ニッチな存在のまま消えずに残り続けるタイプ 取材・文/SPA!編集部 ― デジタル“マイナー勢力”の今後を占う! ―
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事