カーライフ

ポルシェ、GTR…高級レンタカーが人気。どんな人が借りてるの?

 訪日外国人観光客の増加、アベノミクスによる景気回復の効果がレンタカー市場にまで及んできているという。価格破壊が続いているレンタカー業界において、ポルシェやフェラーリ、ベントレー、ロールス・ロイス、メルセデスベンツSクラス、GTRといった高級車のレンタル需要が伸びているというのだ。都内でレンタカー事業を展開する「プレミアムレンタカー」の田村典明さんに聞いた。

高級レンタカー「近年、高級車需要は非常に伸びていて、人気車種はたくさんのお問い合わせ・ご予約をいただいています。料金的にお得な24時間レンタルが一番人気で、金曜日の夜に借りて土曜日の夜に返すという方や、土曜日の朝に借りて日曜日の朝に返却する方が多いですね」

 プレミアムレンタカーでは100台以上の高級車があるが、例えばポルシェ911 Carrera type997のレンタル料は6時間で33,310円、12時間で38,070円と長く借りるほどお得な料金設定になっている。ただ、通常のレンタカーと比べるとやはり安くはない金額だが、いったいどういった層が高級車を借りるのか?

「ポルシェやフェラーリ、メルセデスSクラスなどが人気ですね。これから買いたいから試乗してみたいという方や、新しい車種が入ってくると興味本位で乗りたいという方もいます。また、近年では海外からの旅行者も非常に大きなウエイトを占めています。海外の方からはGTR(R35)が一番人気で、ここで借りて富士山観光に行くといった方もいらっしゃいます。FacebookやYoutube、クチコミで知っていただいたり、弊社HPは英語対応しているのも支持されている理由かと思います」

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=877671

 また、レンタカー業界は修理・事故などの代車需要もあり、収益の柱の一つとなっているそうだ。例えば外車オーナーが修理に出している最中、「同じ車がいい」といったこだわり派も多いようで、そんなときに保険会社から長期間の代車要請がある。そのほかに、テレビやCMの撮影、イベントのレンタル需要などもあるという。

高級レンタカー

プレミアムレンタカーの車庫には錚々たる高級車が並んでいる

 昨今、「爆買い」という言葉がすっかり定着したが、インバウンド需要は高級レンタカー市場にまで波及しているようだ。 <取材・文・撮影/日刊SPA!取材班>




おすすめ記事