恋愛・結婚

妻がブチギレた「夫の発言」ランキング

タレントの発言や企業CMなど、そこに決して悪意はなくとも女性が「失礼だ!」と炎上する機会が増えている。自意識過剰な女性を前に、何げなく放ったひと言が命取りとなるのが現代である。そこで今回はOL300人アンケートを実施。いま女性は何にキレがちなのか探ってみた。 ◆当事者意識の欠落に妻はブチギレ!<家庭に潜む地雷編>
女がキレる[男の発言]ランキング

「育児」の大変さを理解するどころか「遊び」と言ってしまうのは危ない

 オフィス合コンと比べてブチギレ指数200超えが多く、特に女性を激怒させたのが家庭での発言だ。例えば、「子供なかなかできないね」(224人)には、「不妊の原因は自分じゃないと思い込んでる無神経が許せない!」(34歳・PR)と激烈な抗議が。「家事って月収換算するといくらかな?」(221人)にも、「家事労働なんて大したことないでしょ?という露骨なマウンティングにイラッ」(37歳・飲食)と怒りは収まらない。 「手伝ってほしいと言えば、やったのに」(223人)に対しては、「家事をしてくれないこと自体にキレているのではなく、気にかけてくれないことに傷ついている」(感性アナリストの黒川伊保子氏)という指摘も。  共通するポイントとして、「『家事・育児は妻に責任がある』という当事者意識のなさが問題。“手伝ってあげている”という意識や態度に女は絶望しています」と恋愛セックス作家のアルテイシア氏。他の識者も、「昔は理不尽なことを言われても妻が耐えていただけ」と口を揃える。  共働きが増えて意識が対等になったのに役割分担はそのまま、という状況が不満を生んでいる。爆発して離婚されてからでは手遅れだ。 ●OL300人アンケート「女がキレた男の発言」家庭編 ※全国の都市部に暮らす、20~39歳の働いている女性300人を対象に調査。取材で得た「不快だった男の発言」に対して、「これを言われたらキレる」というものに投票していただき、何人がブチギレたのかをランキングした 1位:子供なかなかできないね<224人> 「原因は妻って決めつけてる。お前も精子検査!」(31歳・SE) 2位:(家事・育児を)手伝ってほしいと言えば、やったのに<223人> 「言われなきゃ関係ないという態度に腹が立つ」(38歳・法律) 3位:家事って月収換算するといくらかな?<221人> 「俺のほうが大変な仕事をしてるって言いたいの?」(34歳・通信) 4位:セックスレスのほうが当たり前だよね<208人> 「したくないってこと? なに正当化してんだよ!」(35歳・商社) 5位:子供と毎日遊べてうらやましいな<205人> 「気楽な稼業って言われてるみたい」(37歳・派遣) 6位:(何かを頼まれたときに)今じゃなきゃダメ?<202人> 「今お願いしたいから頼んでるんでしょ」(33歳・塾講師) 7位:(休日に)ちょっとゆっくりさせてよ<200人> 「疲れてるのはあなただけじゃないのに!」(35歳・薬剤師) 8位:別に働かなくてもいいんだよ<197人> 「お前の稼ぎが少ないから働いてるんだろうが!」(26歳・食品)
女がキレる[男の発言]ランキング

暗に「主婦になること」を勧められていると感じるらしくバッシング多数!

9位:子供って放っておいても大きくなるよね<186人> 「育児頑張ったのを見てなかったのね!」(28歳・製油) 10位:今日の夕食は料理してるって感じだね<182人> 「いつもは楽してるみたいでイヤミな言い方」(32歳・小売業) 11位:化粧なんてしなくていいよ<165人> 「女として見れないって言われてる気が……」(27歳・看護) 12位:もう「家族」って感じだよね<151人> 「だからセックスレス&浮気も仕方ないって?」(32歳・金融) 【黒川伊保子氏】 感性アナリスト。感性リサーチ代表。男女の脳の違いをモチーフにした恋愛エッセイを得意とする。『女の機嫌の治し方』(幻冬舎)が8月刊行予定のほか、著書多数 【アルテイシア氏】 恋愛セックス作家。女性の本音や恋愛心理を鋭く描く作家。主な著書に『オクテ男子のための恋愛ゼミナール』、『ゼロから始めるオクテ男子愛され講座』(共に永岡書店)など イラスト/市橋俊介 ― 女がキレる[男の発言]ランキング ―
ゼロから始めるオクテ男子愛され講座

女性に振られる第一の原因は、基礎のステップをクリアしていないこと

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事