デジタル

海や山で動画と音楽を楽しむ「夏のギークなアイテム」

いよいよ夏休みシーズン。海や山、野外フェスに出かける人も多いだろうが、自然のなかでも快適に過ごすにはガジェットが欠かせない。夏のギークなアイテムを探った

夏のギークなアイテム◆プロジェクター内蔵のカメラで夜はタープがスクリーンへと変貌!

 テントやタープを張り終えて一段落すると意外に手持ち無沙汰になってしまうキャンプ。仲間とのんびり楽しめる動画や音楽は屋外での貴重なエンターテインメントだが、大人数で楽しむとなると、やはりスマホ頼りでは限界がある。

ガジェット持って野に出でよ!

SONY HDR-GWP88V

「ノートパソコンなどに繋いで観るとなると、ACアダプタなど、どんどん余分なものが増えてしまう。その点、SONYの『HDR-GWP88V』が面白いのは、プロジェクター機能が付いているのが便利です。タープやシーツをスクリーン代わりにできるので、昼間に撮った映像で夜は野外上映会……なんてこともできます。防水、防塵、耐衝撃性能も特長で、アウトドアで使うにはピッタリですよ」(ライターの櫻井卓氏)

 低温にも強いので、冬場はスノボなどにも使えそうだ。

 いっぽう、動画以上にアウトドアでは身近な存在といえるのが音楽。野外で使えるスピーカー選びのコツとは?

ガジェット持って野に出でよ!

Rock Out 2 Solar Speaker

「スピーカーを選ぶ基準として、重さや大きさも大事ですが、一番気になるのは再生時間ですね。せっかくいいモノを持っていっても、バッテリーが切れてしまえば単なる荷物です。『Rock Out 2 Solar Speaker』は、その名のとおりソーラー充電ができるのも便利ですが、リチウムイオン電池で最大10時間、連続使用できることが魅力ですね。夏フェスなどに持っていって2~3日使うには十分でしょう。もちろんBluetoothにも対応していますし、本体にスマホや携帯音楽プレーヤーを収納できるので、場所も取りません」

 単なるスピーカー機能だけでなく、本体に再生、停止、曲飛ばしなどのオーディオコントロールボタンが付いているのも音楽好きには嬉しい。

 野外でやることがなくなり微妙な空気になったときに救世主となり目立つこと間違いない。

●SONY HDR-GWP88V
プロジェクター内蔵の防水ハンディカム。100インチの大画面で投影することができるので、大人数でのキャンプでは特に役立ちそう

●Rock Out 2 Solar Speaker
内蔵ソーラーでは約8時間、USBでは約2時間でフル充電可能。スマートフォンを一回り大きくした程度のサイズもアウトドア向き

― ガジェット持って野に出でよ! ―

HDR-GWP88V

10m防水・防塵・耐衝撃フルハイビジョンビデオカメラ




おすすめ記事