スポーツ

ゴルフの夏ラフ攻略にも通ずる“口説き戦略”の重要性

夏のラフはゴルファーとって難敵だ

 夏も本番! 熱い夏は男も女も、短くても密度の濃い出会いや恋愛を求めがち。お互い意中の相手を落とすには、戦略が重要だ。実はゴルフも夏の芝は密度が濃くなり、クラブのヘッドに芝が絡みつく「夏ラフ」が難敵になる……。今回はゴルフにおける「夏ラフ攻略法」をお手本に、熱い夏を過ごすための「異性攻略法」を学んでみよう!

◆状況を見極め、最適なアプローチ法を考える

 とにかく大事なのは最初のアプローチ。男女間でも“段階的に”攻めていくのが効果的なように、ゴルフの夏ラフ攻略も、まずライ(玉の位置)の状況を見極めて、ピンまでのルートを考え合わせて打ち方を決めることが大切だ。

 ライの状況については、芝の「元気さ」の違いで抵抗は変わるので、ボールの近くで、実際に打つつもりで素振りをすると良い。横田英治プロによれば、素振りで抵抗の大きさがわかった時点で、「グリッププレッシャー」「振り幅(=スイングスピード)」「フェースの開き方」が決まるという。

 夏の恋においても、まずは相手の状況を見極めて、最適なアプローチの方法を見極めよう!

※アプローチは状況を見極め ヘッドの動きを管理して脱出
http://iqgolf.jp/article.php?id=1406

◆とにかくマイナスな思い込みは、うまくいくものもダメにする

 いくらアプローチ(戦略)がしっかりしていても、自分に自身を持たなければ成功するものもうまくいかない。意中の人がいても、「俺なんてダメじゃないかな」なんて思う人もいるかもしれないが、スポーツ心理学の世界では「性格によって、スポーツにおけるパフォーマンスの善し悪しが決まってしまうことはない」とされている。

 専修大学教授(スポーツ心理学)の佐藤政幸氏はゴルフでも「本当はそうではない資質をもっているかもしれないのに、『自分は追い込まれると弱い』とか『自分は競り合った戦いになったときに弱い』という自己評価をしていると、そういった状況になったときに『思い込み通り』に悪いパフォーマンスしか出せなくなってしまいます」と説明する。

 これに置き換えれば、コースにも出ないうち(=女性と出会う前)からネガティブなイメージを思い描くクセがある人は、成功の可能性をも狭めてしまうということだ。

 とにかくアプローチは積極的に行こう!

※性格とスポーツのパフォーマンス
http://iqgolf.jp/article.php?id=1385&p=1

◆最後の掟「無理はするな」!

 攻略法もメンタルもしっかり準備したけどうまくいかない。そんなときは最後の決断。

「ラフに入っているボールを打つ場合、『番手を下げる』というのが基本です。7番アイアンで打つところを、8番か9番アイアンで打つ。アマチュアの場合、『芝の抵抗を受けるから」と、番手を上げる人もいるみたいですけど、これは逆効果です』」と語るのは、天沼知恵子プロ。

 ハードルが高すぎた場合、諦めて次の候補に的を変えるのも、戦略としては大いにアリ。いきなりラフからの脱出を狙うことばかり考えず、ときには急がば回れ的な発想で、焦らずじっくり攻めるほうが結果的に近道になることもあるのだ。

※天沼知恵子プロINTERVIEW~無理せず刻むが、スコアアップの近道
http://iqgolf.jp/article.php?id=1409

 夏ゴルフも、対女性も、攻め方を考えることの重要性がおわかりいただけたところで、今年の夏はぜひあなたも、ゴルフ“きっかけ”で、女子を落としていただきたい! <文/ナノ・アソシエーション>




おすすめ記事