ニュース

「2時間1000円飲み放題」の怪しい店…いくらボッタくられるか確かめてみた

「激安飲み放題いかがです?」という客引きに案内された居酒屋の会計で法外なサービス料を上乗せられる「プチぼったくり」。昨年末にツイッターで「風物語」が話題になり、9月には大規模な摘発もあったと聞くが、実際どうなのか。調査すべく新宿に向かった。

「2時間1000円で飲み放題」の怪しい店…いくらボッタくられるか確かめてみた 夜20時過ぎ、歌舞伎町に向かう大通りを歩いていると、10人ほどキャッチの集団を確認。早速、「飲み屋ですか? ウチは『ぐるなび』と提携していますよ」「普段は飲み放題2時間2600円ですけど、今日だけ1000円でOK」と嘘くさい客引き文句が。警戒しつつ承諾すると、店まで案内されるかと思いきや、なぜかキャッチが地図を渡してきた。そして「持ち場を離れられないんでここに行ってください。あと予約代が一人1000円です。お金はお店で返金するんで」と、前金を要求される。元キャッチの男性が事情を明かす。

「最近のキャッチは何かと理由をつけて、お金を先払いさせるんです。そうすると、途中でお客が怪しいと気づいても店に行かざるをえない。万が一、客が戻って来ても持ち場にはもういないので、カネも返さない。もちろん普通に店に来たらぼったくるだけ(笑)」

 行っても行かなくても、取りっぱぐれ無しの狡猾なシステムである。そして向かったのは、プチぼったくり店と悪評の高い居酒屋「T」。通されたのは、カーテンで仕切られた狭い部屋。早速、注文をしようとすると「飲み放題はプラス1000円でビールもできますが」と一言。結局、1000円だけでは甘いカクテルが注文できるだけだった……。しかも「一人必ず3品注文してください」とも。結局、二人で6品(どれも高い割においしくない)注文させられ、1万4000円(サービス代込み)。

「ネットに悪評が広がっても表の看板だけ替えて、また営業する。損しても数千円なら、みんな払っちゃうんです」(前出の男性)

 上記のような悪徳飲食店に騙されないように、11/24発売の週刊SPA!に掲載されている特集『最強[無制限サービス]はこれだ!』では、安心して飲める「最強の飲み放題」情報をたっぷり紹介。シャンパン、日本酒、クラフトビールなど、変わり種飲み放題情報も網羅している。また、「プロが選んだ最強のホテルバイキング」「激安食べ放題」だけでなく、「定額無制限動画配信サービス」「定額無制限音楽配信サービス」など昨今流行の「無制限サービス」のベスト1をプロたちが選定。

 我々の生活を充実させる多ジャンルの「無制限サービス」の真髄を大公開しているのでぜひご一読あれ。 <取材・文・撮影/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!12/1号(11/24発売)

表紙の人/ 吉木りさ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事