自分が乗るほう。

芦屋でGI全日本王座決定戦 開設64周年記念が開催されてますねーヾ( ゚∀゚)ノ゙

ここからの記念戦線、
ご贔屓選手御三方そろい踏みの斡旋が続くので
溢れ出る興奮が抑えきれない馬場ですよ٩(ˊᗜˋ*)و


でもね、今週ね、舟券買えてないんです(┯_┯)
テレボートの口座にね、アレがアレでして・・・ヘヘッ


そうそう皆様、9/10の江戸川11R見ました?
あれはもう本当にビックリ!!


6号艇小野寺選手と3号艇大池選手が接触。
そのまま大池選手は艇を大きく振られグルンとひねるような形に。


そして小野寺選手はその勢いのままなんと消波装置を乗り越え
水面と客席の柵(?)の間のスペースに突っ込んでしまったのです(°д°)!!


こんな事は見たことが無い!!
Twitterでも話題になってましたね。


小野寺選手は走行続行不可能で失格となってしまいましたが大池選手はレースに復帰。
リプレイでもガッツリ映ってて見ることができます。


危ない事故でしたがお2人とも次の日も出走していたので安心しました(;´д`)
選手にもお客様にも怪我がなくて良かったです。


そんな事が起きている頃、私は新東京サーキットで4時間耐久レースをしていました。


この日は朝から調子が良くなくて、迷いに迷った結果、大丈夫と判断。走ることに。

だるだる~

だるだる~・・・

モータースポーツって安全を求めて改良されているとはいえ、
『危ないものだ』という意識が消えてしまうと事故が起こります。

オリビアちゃん

今回も偶然前回同様オリビアちゃん。写真はチームメイト。


充分に気をつけて、無理をしない、きつくなったら即交代してもらうという事で練習を走ってみると


こんな時に限って好機好タイム。
ゲンキンな事に具合もだいぶ良くなりました(笑)


全5戦中、2戦と4戦はチーム内再重量メンバーがスタートドライバーというレク要素もあるこのレース。

デ〇バンド

選ばれし者だけが与えられる。愛をこめてデ〇バンドと呼んでいる。


コンディションは最高だったのにトラブルに見舞われまくって結果はドベらへん。


トラブル無いと上位に行くのにねー、うちのチーム( ノД`)


でも乗りやすいオリビアちゃん効果かメンバーの気合も高まって、
どんどん楽しい。
来月は走ったことないサーキットにも行く予定だし、
多摩川のペアボートもやっと当たったし、


どんどん乗ってこ!
楽しみだなー。


帰りは体調もアレだったので打ち上げに出ずに地元に戻ってそのまま吸い込まれるように近所の飲み屋へ。

飲み屋

マカロニサラダはなんと100円、八海山の粕漬け豚串が食べたくて吸い込まれたw


軽く1杯だけ頂きました。
お会計は千円ほど。
美味しゅうございました。


気づけばひやおろしの季節ですね。
冬に近づくといつもより更に日本酒が飲みたくなるのなんでだろ。

馬場絹依40歳、新潟県出身。趣味のカートレースを通じてボートレーサーとも親交が深く、「勝ち負けを越えた感動がボートレースにはある!」が持論。また、POPライターとしても活躍中。メンバー唯一の人妻で日本酒をこよなく愛する

馬場絹依の他の記事

2016.09.16

SPA!ボートレース女子部員

白河雪菜 27歳、東京都出身。ボレ女の中心メンバーとして、各種メディアに精力的に出演。元プロ雀士として磨いた勝負勘を舟券テクニックに生かし、初心者の方でも高配当をゲットできるような、わかりやすい舟券テクニックを紹介
小林真希 21歳、大阪府出身。関西有名私大に在籍する秀才ボレ女。大学卒業後の夢はボートレーサー。舟券テクニックはまだまだ初心者でも、同世代の若手レーサーたちの魅力について熱く語っていく予定だ
篠原麻実 26歳、兵庫県出身。「尼崎と住之江を中心とした、地元密着な情報を女子目線で発信したい」という関西超LOVE!な地元愛に溢れたボレ女。キュートで落ち着いた雰囲気から“ボレ女の良心”とも言われる
柴田千恵子 21歳、和歌山県出身。艇界のエース、山崎智也選手を追いかけ続け、「今年は山崎さんの出るレースは全部1着で買い続けます!」と宣言。斜め上をいく発言と天然キャラで人気を集める、現役女子大生ボレ女
馬場絹依 40歳、新潟県出身。趣味のカートレースを通じてボートレーサーとも親交が深く、「勝ち負けを越えた感動がボートレースにはある!」が持論。また、POPライターとしても活躍中。メンバー唯一の人妻で日本酒をこよなく愛する
増田美由紀 26歳、神奈川県出身。ボートレース唐津でピットリポーターを務めた経歴を引っさげて堂々のメンバー入り。ナイターレースを中心とした“夜のボートレース”の魅力を伝えていきたいとう実力派ボレ女