[再生可能エネルギー]の不都合な真実

いまや悪徳業者の草刈り場に!

 太陽光パネルやバイオマスによる発電など「再生可能エネルギー」の普及のため、電気代から徴収されている「再エネ発電促進賦課金」。一世帯あたり、年間約1万円を負担している。このお金が、まったく「再生可能」ではないニセモノの事業にも流れていた!

⇒amazon.co.jp

2018.10.29