【インタビュー】Superfly(ミュージシャン)

やっと楽な気持ちでロックを歌えた 「愛をこめて花束を」や「タマシイレボリューション」など、数々のヒット曲を飛ばしてきたSuperfly。驚くべきスピードで進化を遂げてきた彼女だが、実はソロユニットという特殊な形態の「Superfly」と、「越智志帆」の距離の取り方に悩み続けてきたという。新作アルバム『Force』ではその距離感は縮まったのか、広がったのか?
2012.10.01